2008年06月13日

【寄稿】「中華民国」の国名を放棄すれば、台湾の明るい未来が開ける

http://ameblo.jp/zainichikaere/entry-10106079243.html
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頼幸媛・次期大陸委員会主任委員が両岸関係の立場を説明【メルマガ日台共栄:第759号】

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━【平成20年(2008年) 5月3日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.759]
1>> 機関誌『日台共栄』5月号を発行
2>> 李登輝理念を知れ─戦いはこれからだ [『日台共栄』編集部]
3>> 台湾の片倉佳史さんが本日からメルマガ「片倉佳史の台湾便り」を発行
4>> 頼幸媛・次期大陸委員会主任委員が両岸関係の立場を説明
5>> 石原東京都知事、馬英九・次期総統の就任式に参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 機関誌『日台共栄』5月号を発行

 5月1日付で機関誌『日台共栄』5月号(第20号)を発行いたしました。本会会員には2
日に発送しています。

 目次は下記の通りです。今号は、日本文化チャンネル桜代表で映画「南京の真実」を
監督した水島総・本会理事に「台湾と私」で、李登輝前総統と西郷南洲に通ずる精神を、
3月総会で「台湾は日本の生命線!」と題して記念講演いただいた平松茂雄氏の講演録、
台湾選挙の分析では定評ある拓殖大学海外事情研究所の澁谷司准教授には「台湾総統選
挙の分析と馬英九新政権の展望」を執筆いただき、盛りだくさんで重要な情報をお届け
しています。

 なお、今号から表紙と本文の紙質を変え、これまでと同じ32ページですが、少し厚み
を出しました。                  (機関誌『日台共栄』編集部)
--------------------------------------------------------------------------
【巻頭言】李登輝理念を知れ―戦いはこれからだ●本誌編集部
台湾と私(20) 李登輝総統と西郷南洲●水島 総
台湾は日本の生命線!●平松茂雄
台湾総統選挙の分析と馬英九新政権の展望●澁谷 司
鄭南榕氏が切り開いた台湾の民主化●許 世楷
第6回総会報告・日台の国家関係の実現を目指す●本誌編集部
岩波書店は誠意見せるか?●冨澤賢公
新たな船出を迎えた「台湾丸」●片木裕一
鄭南榕を振り返り自らを省みる●梶山憲一
支部だより 各地から─福井・岐阜・青森・埼玉・兵庫・新潟
大臣や県知事も参列して桜植樹式●柚原正敬
日台交流日録(19)
事務局だより・編集後記

日台共栄写真館 2月28日〜3月2日 第3回桜植樹式とお花見ツアー 表3
日本李登輝友の会 役員一覧 表紙4 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝理念を知れ─戦いはこれからだ [『日台共栄』編集部]
   機関誌『日台共栄』5月号「巻頭言」

 中華民国(チャイナ)憲法を廃して新憲法を制定し、チャイナとは全く無関係の台湾
人の国家=台湾国を建国する(国家正常化を行う)というのが李登輝前総統の理念であ
り、多くの台湾人の目標であり、さらには台湾を支持する日本人が抱く期待でもあった。
そしてそのために期待されたのが陳水扁総統の民進党政権だった。だが三月の総統選挙
で、中華民国体制を頑なに護持し、しかも中国への接近を図る国民党の馬英九氏が勝利
した。

 選挙前、民進党支持の台湾人が失望し、罵詈雑言の標的としたのが、陳水扁氏を強く
批判し、さらには民進党の謝長廷候補の支持表明を控えた李登輝前総統だった。敢えて
とるその戦略は、殆ど理解されなかった。

 独立派とされた陳水扁氏は実際には独立派には独立派の顔を、統一派には統一派の顔
を見せるだけの人物。総統就任直後に蒋介石の銅像を参拝したり、「正名・制憲は原理
主義で賛成しない」と言明したり、中国との文化・経済面での「統合」を唱え(そして
無防備な対中経済開放を進めて中国への依存度を徒に高め、国内産業を空洞化し)、か
くて独立派を激怒させ、その一方で統一派からは侮られ、不毛な政争を引き起こした。
その結果、一月の国会選挙では国民党が全議席の四分の三近くを獲得、最早民進党は総
統選で勝っても、国民党路線に従う以外ない状況だった。これでは国家正常化は夢のま
た夢である。

 李登輝氏はそのような民進党と心中する訳に行かなかたはずだ。そして台湾へのアイ
デンティティに基づいた政界を構築するため、自身が持つ国民党への影響力を温存しな
ければならかったはずである。

 目下、李登輝氏は馬英九政権下で対日関係の責任者に就任する意向を示しているが、
独立派はなおもそれを批判できるか。もしそれが実現すれば日台関係は従来よりも遥か
に強く深いものとなろう。そして台湾を親日国家(反中国陣営)に置き留めるに大きな
力を発揮しよう。

 我々もまた、やるべきことはたくさんある。台湾のため、そして日台共栄のための戦
いはこれからなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾の片倉佳史さんが本日からメルマガ「片倉佳史の台湾便り」を発行

 台湾在住フリーランス・ライターで、『観光コースでない台湾』『台湾新幹線で行く
台南・高雄の旅』など多くの台湾ものを執筆して、日本人があまり知らない台湾を紹介
し続けている片倉佳史氏が本日付でメールマガジン「片倉佳史の台湾便り」を発行しま
した。

 メルマガ発行は「現地発信にこだわり、ちょっぴり深くて興味の広がる台湾情報を提
供したいと思っています。発行頻度は不定期」だそうです。

 台湾にほれ込んで、台湾に住んで、台湾の良さを紹介し続ける片倉さんです。応援の
意味を込め、ぜひ本誌読者もご購読をお願いします。

                    (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原正敬)

■片倉佳史の台湾便り
 http://katakura.net/
 *登録は上記「台湾特捜百貨店」の右側から

片倉佳史の台湾便り  2008.5.3発行 第1号
                        http://katakura.net/

+‥目次‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
1.発刊のご挨拶
2.新刊『台湾風景印-台湾・駅スタンプと風景印の旅』、刊行
3.『一個人』に台湾高鉄と阿里山鉄道の記事を寄せています
4.RBC琉球放送でお話ししています
5.「台湾レトロ写真館」に台湾総督府博物館の画像をアップ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

1.発刊のご挨拶

親愛なる読者の皆様

台湾の片倉佳史です。
日頃よりお世話になり、ありがとうございます。

これまで、新刊のご報告や講演会のお知らせなど、何度かメールによるお知らせを皆さ
んにお送りしてきましたが、「メールマガジンをやってはどうか」というお声を何度か
お寄せいただいておりました。実は私自身、かつてメルマガを発行していたことがあり、
多忙に負けて尻つぼみになってしまったというお恥ずかしい過去があるのですが、ここ
に意を決し、再挑戦ということで、踏み切ってみました。どうぞおつきあいください。

内容に関しては、新刊やイベントのお知らせ、また、片倉と石野真理の取材日記や取材
秘話など、ネタは特定せずに、自由に書き連ねていこうと思います。インターネットが
発達し、情報もあふれかえっている昨今ですが、現地発信にこだわり、ちょっぴり深く
て興味の広がる台湾情報を提供したいと思っています。発行頻度は不定期ということに
なりますが、よろしくお願いいたします。

なお、このメルマガは、読者の方々や友人のほか、名刺を交換させていただいた方を対
象にしております。もちろん公開制なので、ご興味を感じてくれそうなご友人やお知り
合いがいらっしゃいましたら、どうぞご紹介ください。

登録と解除はウェブサイトのトップページからできるようになっています。メインサイ
トや掲示板、ブログなどと合わせてご利用いただければと思います。また、ご意見、ご
感想もお寄せいただければと思います。
(略)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
※本メールは送信専用です。このメールに返信されても、ご質問等にお応えする事がで
 きません。ご意見・ご感想・問合せ等につきましては、下記のメールフォームよりお
 願いします。
 http://www.katakura.net/xoops/html/modules/liaise/
※等幅フォントでご覧下さい。プロポーショナルフォントですと文字配列が乱れる場合
 があります。
※記事の無断転載を禁止します。
※今後、配信を希望しない方は、大変お手数ですがメールの解除をお願いします。登録
 及び解除はこちらから → http://katakura.net/
 発行:台湾特捜百貨店 http://katakura.net/
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 頼幸媛・次期大陸委員会主任委員が両岸関係の立場を説明

【5月2日 台湾週報】

 次期行政院大陸委員会主任委員に内定した頼幸媛・前台湾団結連盟立法委員は、4月
30日と5月1日に2回にわたって記者会見を開き、両岸関係に対する自らの立場を説明し
た。

 頼氏は4月30日夜、次期海峡交流基金会理事長に内定している江丙坤氏と約30分にわ
たって会談し、両岸政策に関して意見交換を行った。

 頼氏はその後の記者会見で「私の大陸政策の理念は馬英九・次期総統および蕭万長・
次期副総統の理念と一致している。いずれにおいても台湾を主体とし、台湾の人々に有
益であるという前提の下、一歩一歩、両岸関係の現状維持を良性的に発展させたい」と
述べ、馬次期総統の「統一しない、独立しない、武力行使しない」の理念への支持を表
明した。

 李登輝前総統および陳水扁総統が存在を否定する「92年のコンセンサス」に関して、
頼氏は、3月26日に行われた胡錦濤・中国国家主席とブッシュ米大統領の電話会談に関
する中国「新華社」の報道の中で、「92年のコンセンサス」について英語版は「“一つ
の中国”の解釈を各自表明する」ことに触れている一方で、中国語版にその記述がない
ことを指摘したうえで、「『“一つの中国”の解釈を各自表明する』とする『92年のコ
ンセンサス』を支持する」と強調した。

 続いて、頼氏は翌5月1日にも記者会見を開き、台湾団結連盟(台連)の両岸政策と今
後の政府としての立場を改めて説明した。

 頼氏は「過去、台連は確かに台湾独立を主張していた」と前置きしたうえで、「台連
は昨年1月よりすでに路線転換した。深い熟考を経て、台湾はすでに主権独立国家であ
り、統一か独立かという論争を超越しなければならないと認識し、全国民の利益に関心
を注ぎ、中下層階級や弱者に配慮する中道左派の路線を採るようになった」と語った。

 そのうえで、頼氏は「私の両岸政策の理念は統一か独立かを超越しており、これは馬
次期総統の『統一しない、独立しない、武力行使しない』の理念と一致している」と述
べ、「総統当選者である馬英九氏は5月20日に中華民国総統に就任する。私は中華民国
行政院大陸委員会主任委員を任され、2,300万人の公僕となり、全国民の利益のために
働く」と強調した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> 石原東京都知事、馬英九・次期総統の就任式に参加

【5月2日 Radio Taiwan International】

 日本の産経新聞が2日の紙面で報じたところによると、東京の石原慎太郎都知事は19
日に台湾を訪問し、20日に馬英九・次期総統の就任式典に出席する。台湾滞在期間中、
石原都知事は陳水扁・総統から勲章が授与される。陳水扁・総統は石原都知事が長年、
台湾と日本との友好関係を促進するのに尽くした貢献を表彰するために、石原都知事に
「特種第綬景星勲章」を授与する。

 石原都知事は今回、李登輝・前総統、及び台湾の財政経済界の関係者を訪れ、都市間
の交流を促進するほか、台湾中部の台中に位置するサイエンスパークも訪れる予定。今
回は石原都知事の七回目の訪台。北京側は石原都知事に北京オリンピックの開幕式への
招待状を送っていることから、今回の台湾訪問の北京側の反応に注目が集まっている。
--------------------------------------------------------------------------
台湾と中国「両方とも友人のつもり」【石原都知事会見詳報】
【5月2日 MSN産経ニュース】抄録

 東京都の石原慎太郎知事は2日の定例会見で、馬英九氏の総統就任式に出席のため、
19日から訪台する意向を表明。中国からの反発が予想されることについては「私は(台
湾と中国の)両方とも友人のつもりでいる」との考えを示した。会見の詳細は以下の通
り。

         ◇

「次に、前台北市長の馬英九氏が、5月20日に台湾総統に就任することになりまして、
台湾政府の招待を受けて、5月19日から3日間ほど台湾を訪問することにします。台湾総
統就任式に出席するほか、政府関係者とも会談を行うつもりでいます」

 ── 日本でも騒動になった北京五輪の聖火リレーが、今日から中国で始まった。所
 感は

「所感は別にないですなあ。自分の国で走るのに警護つける必要もないだろうけどね。適当にやったらいいじゃないですか」

── 森喜朗元首相、安倍晋三前首相にも北京五輪の招待状が届き、福田首相も開会式
 の出席に前向きということだが、あらためて知事はどうされるのか 

「都合がついたら行きますよ。参考にもなるから。次のオリンピックを目指している都
ですからね。参考にもなると思いますから。行けたら行きたいと思ってますけど」

 ── 前向きというとらえ方でいいのか

「まあ、よほどのことがない限り。どういう事情がこれから起こるかわかりませんし。
要するにスケジュールさえ合えば行きたいと思ってますが。まあ、たいしたことないん
じゃないのか。あんまり仰々しく考えない方がいいよ」

 ── 台北に行くということだが、中国政府の反発も予想されるが

「私は両方とも友人のつもりでいますけどね。はい」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見箱への投稿をどうぞ
 岐路に立つ日台関係。ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 ■ご意見箱 info@ritouki.jp

●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。



本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【登録を】片倉佳史の台湾便り

友人の片倉氏がメルマガを始めました。

是非登録してください

ソフトな観点で台湾を見つめるために

「台湾の声」編集長:林 建良(りん けんりょう)

     


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
片倉佳史の台湾便り  2008.5.3発行 第1号
                        http://katakura.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+‥目次‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
1.発刊のご挨拶 
2.新刊『台湾風景印-台湾・駅スタンプと風景印の旅』、刊行
3.『一個人』に台湾高鉄と阿里山鉄道の記事を寄せています
4.RBC琉球放送でお話ししています
5.「台湾レトロ写真館」に台湾総督府博物館の画像をアップ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

1.発刊のご挨拶 

親愛なる読者の皆様

台湾の片倉佳史です。
日頃よりお世話になり、ありがとうございます。

これまで、新刊のご報告や講演会のお知らせなど、何度かメールによるお知
らせを皆さんにお送りしてきましたが、「メールマガジンをやってはどうか」
というお声を何度かお寄せいただいておりました。実は私自身、かつてメル
マガを発行していたことがあり、多忙に負けて尻つぼみになってしまったと
いうお恥ずかしい過去があるのですが、ここに意を決し、再挑戦ということ
で、踏み切ってみました。どうぞおつきあいください。

内容に関しては、新刊やイベントのお知らせ、また、片倉と石野真理の取材
日記や取材秘話など、ネタは特定せずに、自由に書き連ねていこうと思いま
す。インターネットが発達し、情報もあふれかえっている昨今ですが、現地
発信にこだわり、ちょっぴり深くて興味の広がる台湾情報を提供したいと思っ
ています。発行頻度は不定期ということになりますが、よろしくお願いいた
します。

なお、このメルマガは、読者の方々や友人のほか、名刺を交換させていただ
いた方を対象にしております。もちろん公開制なので、ご興味を感じてくれ
そうなご友人やお知り合いがいらっしゃいましたら、どうぞご紹介ください。
登録と解除はウェブサイトのトップページからできるようになっています。
メインサイトや掲示板、ブログなどと合わせてご利用いただければと思いま
す。また、ご意見、ご感想もお寄せいただければと思います。

                               
2.新刊『『台湾風景印-台湾・駅スタンプと風景印の旅』、刊行

台湾の玉山社から新刊が出ました。『台湾風景印―台湾・駅スタンプと風景
印の旅』という一冊で、日本統治時代の駅スタンプと郵便局の風景印をレト
ロ写真と共に140個、紹介しています。内容は以下をご覧ください。本文
は日本語と中国語の併記になっています。オールモノクロで279ページと
やや厚め。定価は480元です。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/tinyd1/index.php?id=12
本書は台湾では書店で普通に購入できますが、日本国内の場合は通信販売で、
千葉の実家から発送いたします。ご興味を感じていただけるかた、どうぞご
連絡ください。


3.雑誌『一個人』に台湾高速鉄路と阿里山鉄道の記事を寄せています

現在発売中の雑誌『一個人』が世界の鉄道大特集を組んでいます。100ペー
ジにわたる大特集で、私は台湾高速鉄路と阿里山鉄道の記事を担当させてい
ただきました。定価が680円とお買い得の一冊です。特に季節限定で走る
阿里山鉄道のシェイ式蒸気機関車に注目です!


4.RBC琉球放送のラジオ番組でお話ししています

沖縄のみなさま、5月4日、日曜日の11:30からRBC琉球放送の「台湾に吹
くうちなんちゅうの風」という番組に出ます。台湾好きで知られる服部京子
アナウンサーの番組で、先週の「台湾新幹線」に続き、今回は「マンゴーの
時期到来!」というテーマでお話しします。ぜひ、お聴きになってみてくだ
さい。今後、不定期ながら、この番組でお話をさせてもらう予定です。沖縄
地区限定ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。


5.「台湾レトロ写真館」に台湾総督府博物館の画像をアップ

台湾総督府博物館は大きなドームをいだいた大型建造物で、台湾では唯一の
ギリシャ風建築として知られていました。今回の画像は戦前の絵はがきで、
珍しい手彩色のものとなっています。
http://green.ap.teacup.com/katakura/
この博物館については拙著『台湾―日本統治時代の歴史遺産を歩く』(戎光
祥出版)や『台湾日治時代遺跡』(玉山社)で紹介していますが、設計者に
野村一郎という人物がいます。あまり知られていませんが、台湾を離れた後、
野村は朝鮮総督府の設計技師ゲオルグ・デ・ラランゲの助手となり、その死
後、この建物を完成させています。残念ながら朝鮮総督府は現存しませんが、
イタリア産の大理石を用い、中央ホールを擁し、正面奥から左右に分かれて
階段が続くという構造など、台湾総督府博物館と似た造りになっているのは
事実。野村の名を朝鮮総督府庁舎造営の絡みで耳にすることは少ないですが、
これは果たして偶然なのでしょうか。台湾総督府博物館と朝鮮総督府の隠れ
たつながり。興味が尽きないところです。

(メルマガ第1号おわり)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
※本メールは送信専用です。このメールに返信されても、ご質問等にお応え
 する事ができません。ご意見・ご感想・問合せ等につきましては、下記の
 メールフォームよりお願いします。
 http://www.katakura.net/xoops/html/modules/liaise/
※等幅フォントでご覧下さい。プロポーショナルフォントですと文字配列が
 乱れる場合があります。
※記事の無断転載を禁止します。
※今後、配信を希望しない方は、大変お手数ですがメールの解除をお願いし
 ます。登録及び解除はこちらから → http://katakura.net/  発行:台湾特捜百貨店 http://katakura.net/  
//////////////////////////////////////////////////////////////////////















『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【読者便り】中国なしの世界経済にせよ

メルマガ愛読者です。
いつも鋭い分析を楽しみにしております。

 北京五輪もそうですが、文明国が中国に対するときに、政治(人権・世論)と
経済(貿易など)が相克して、正面切った対応ができないかのようなニュアンスを
感じるのですが、実際は、中国の台頭は世界全体としての豊かになっているので
はなくて、実は貧困を招いているという分析結果を得ました。

であれば、文明国は何躊躇することなく中国なしの世界経済に進み、政治と経済
の矛盾などに惑わされることもないと思うのですが如何でしょうか。

***************************

北京五輪では政治と経済の矛盾に幻惑されています。(資料1)
それは文明国でも野蛮国でも同様に発生しています。

●文明国では
 フランスは、この数年、経済的には中国に急接近している。シラク前大統領時
代から、経済使節団を率いて大統領自ら中国に乗り込み、エアバスなどを売り込
んできた。昨年11月、サルコジ大統領が仏財界人らとともに訪中し、エアバス
160機、原子炉2基など計200億ユーロ(約3兆2400億円)の大型契約を獲得し、
シラク政権の対中経済関係強化政策を引き継いだ形となった。

 それだけに、パリの聖火リレーの大混乱に続くサルコジ大統領の発言は、対中
政策の変更を思わせるものでもあった。ただ、サルコジ大統領は、シラク政権で
冷え込んだ米国との関係修復でも、言うべきことは言うという姿勢を崩していな
い。特にフランスの国内世論に敏感なサルコジ大統領は、人権問題にうるさいフ
ランス国民の声は無視できない。

●野蛮国では
 一方、中国政府は「一部の市民が自分の意見を表明し、行動しているが、原因
や理由があってのことだ」として、暗にフランスを批判した。不買運動は、高級
鞄(かばん)ブランド、ルイ・ヴィトンがダライ・ラマ14世に寄付をしていると
いう理由で、中国国内で批判が高まっている。ヴィトンは「事実無根」として否
定している。


文明国では、民主主義であるがゆえに、意見の対立は当たり前のことですから、
それはそれ、これはこれと割り切れるのですが、野蛮国では独裁であるがゆえに
そうはいかないで、矛盾を強制的に解消してしまう。

フランスは最近中国との経済関係が濃厚になっているので、実は、それはそれ、
これはこれ、と割り切れなくなっているようです。
政治(人権・世論)と経済(貿易)が対立したとき、文明国はどうするべきでしょう
か?
文明国は民主主義ですから経済(貿易)よりも政治(人権・世論)を優先させなけれ
ばならない。

ここで、救いがあります。
世界全体で計算すると、実は、中国の台頭は決して世界経済を豊かにしているの
ではなくて貧困にしています。だから、文明国においては政治と経済は対立していま
せん。文明国は、ここでスパッと中国との経済関係を断ち切ることが、政治でも経済で
も合理的なのです。

野蛮国側が不買運動をやってくれるのですから、それに便乗してこちら側も不買
運動をやれば宜しい。

ではなぜ、文明国において、政治(人権・世論)と経済(貿易)が対立しているかに
見えるのでしょうか。一部の経済セクター(国際金融資本)の謀略でしょう。他の経済セ
クターが損をしていることを隠蔽して、国際金融資本だけ儲けようという魂胆です。

さらに、相手は独裁国の特権階級・腐敗階級ですから、国際金融資本の腐敗階級
にとっても天国です。

人権団体には、早くこの事実を知って欲しい。


(資料1)
http://www.melma.com/backnumber_1142_4075831/
ワールド・ニューズ・メール

[2]特集…カルフールへの不買運動が拡大−仏、人権問題では譲れず
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●経済関係と人権外交の狭間で

 サルコジ仏大統領が、チベット問題への中国政府の対応で、北京五輪開会式参
加に条件を付ける中、中国国内では、仏小売大手、カルフールへの不買運動が拡
大し、他の仏高級ブランドも標的になっている。人権問題では一歩も譲れないフ
ランスと、政治問題と切り離したい民間企業の対応が注目されている。
(パリ・安倍雅信)
------------------------------------------------------------------------
 パリのベルトラン・ドラノエ市長は今月16日、チベット仏教の最高指導者ダラ
イ・ラマ14世をパリ名誉市民にする提案を市議会に提出する考えを明らかにし、
話題になった。同市長は今月7日、北京五輪の聖火リレーで、市庁舎に「人権の
都市」をうたった横断幕を掲げ、市庁舎前の式典を待ち構えた。

 パリの聖火リレーは、人権団体などの抗議運動が激化したため、パリ市庁舎前
に至る前に中止され、五輪史上前代未聞の途中取りやめとなった。サルコジ大統
領は世論を考慮し、中国政府がダライ・ラマ14世と対話をしない場合、北京五輪
開会式への不参加も検討する考えを表明している。

 パリの聖火リレーが混乱のため完走できなかったことで、その後の米サンフラ
ンシスコやインドのニューデリーなどでも、コースの変更や短縮が相次いでい
る。アリヨマリ仏内相は「聖火リレーは開催国が責任を持つ決まりになってお
り、パリ警察は彼らを支援したにすぎず、完走できなかった責任はわれわれには
ない」とフランスの責任を否定した。

 ドラノエ市長は、ダライ・ラマを「平和のチャンピオンであり、根気強い対話
の提唱者」として、「パリ市は尊厳、自由、生命という基本的な権利の核を守ろ
うとするチベット人を支援する」と述べ、ダライ・ラマとの連帯を呼び掛けてい
る。ダライ・ラマは北京五輪開催月の8月に訪仏を予定している。

 一方、中国では、フランスの動きに強く反発し、中国国内でスーパーやディス
カウントショップ約400店舗を展開する仏小売大手、カルフールに対する不買運
動が広がっている。インターネット上で「カルフールが中国に内政干渉してい
る」とのうわさが広まったのが発端だが、カルフール側は「政治的・外交的干渉
は一切していない」と強く否定している。

 日本にも進出したことのあるカルフールは、フランスでは最大手のスーパー
チェーンを所有し、中国には10年以上前に進出、現在、スーパーマーケット122
店舗とディスカウントショップ280店舗を展開、現在も2週間に1店舗のペース
で拡大している。中国の富裕層に人気があり、海外からの輸入食材も豊富だ。

 仏外務省のアンドレアニ報道官は16日「中国当局関係者と連絡を取っている
が、不買運動に関与しているのは、ごく少数にすぎない」と述べた。だが、安徽
省合肥にあるカルフールで19日、1000人以上のデモ参加者が店内に乱入するな
ど、事態が深刻化しているため、仏政府はラファラン元仏首相を特使として派遣
し、事態の収拾を図ることを決めた。

 一方、中国政府は「一部の市民が自分の意見を表明し、行動しているが、原因
や理由があってのことだ」として、暗にフランスを批判した。不買運動は、高級
鞄(かばん)ブランド、ルイ・ヴィトンがダライ・ラマ14世に寄付をしていると
いう理由で、中国国内で批判が高まっている。ヴィトンは「事実無根」として否
定している。

 フランスは、この数年、経済的には中国に急接近している。シラク前大統領時
代から、経済使節団を率いて大統領自ら中国に乗り込み、エアバスなどを売り込
んできた。昨年11月、サルコジ大統領が仏財界人らとともに訪中し、エアバス
160機、原子炉2基など計200億ユーロ(約3兆2400億円)の大型契約を獲得し、
シラク政権の対中経済関係強化政策を引き継いだ形となった。

 それだけに、パリの聖火リレーの大混乱に続くサルコジ大統領の発言は、対中
政策の変更を思わせるものでもあった。ただ、サルコジ大統領は、シラク政権で
冷え込んだ米国との関係修復でも、言うべきことは言うという姿勢を崩していな
い。特にフランスの国内世論に敏感なサルコジ大統領は、人権問題にうるさいフ
ランス国民の声は無視できない。

 フランスは、ダライ・ラマ14世に対して、常に理解ある立場を取ってきた。フ
ランス仏教連盟の報告では、フランス国内の仏教信者は約60万人とされ、同国内
のユダヤ教徒(欧州最大規模)と同数に達する。ベトナムなどの東南アジア系信
者が多数派だが、フランス人15万人、中国系5万人という数字もある。ダライ・
ラマ14世は、フランスの仏教センターを何度も訪問しており、毎回、多数の信者
を集めて集会を行っている。

 一方、フランスには、同国に本拠地を置く非政府組織(NGO)の「国境なき
記者団」がある。創設者でもあるメナール会長は、ギリシャのオリンピアで行わ
れた北京五輪聖火の採火式で、5つの手錠の輪をデザインした旗を持って同僚と
乱入して世界の注目を集めた。中国にしてみれば、北京五輪を強く印象付ける式
典が汚された形となった。

 国境なき記者団の発表した報道の自由度ランキングで、中国は世界167カ国
中、163位で、メナール氏は「7年前に中国は五輪開催に向け、人権問題に取り
組むと約束しながら、何ら改善しなかった」と批判する。世界各地で行われる聖
火リレーで、抗議行動を行うことを宣言している。

 そのメナール氏によれば、国境なき記者団が過去数度立ち上げたインターネッ
トの中国ホームページは、数分から数時間でアクセス不能にされたと証言してい
る。「中国政府が政府批判の内容の書いたサイトを中国国民の目に触れさせない
ために、膨大な予算を費やして監視している」とメナール会長は指摘する。

 この国境なき記者団の活動も、中国政府には不快な存在と言える。中国政府と
しても、国内で反西洋キャンペーンがエスカレートし、ナショナリズムが高まり
過ぎれば、国際的評価が下がることを懸念し、国民に自制を呼び掛けている。ま
た、パリの聖火リレー走者だった車椅子(いす)アスリートの金晶さんは、不買
運動をやめるよう呼び掛けている。

 ダライ・ラマ14世自身、聖火リレーへの暴力を自粛するように各国に散らばっ
たチベット人たちに呼び掛けた。中国政府が少数とはいえ、フランスに対する抗
議運動を展開するグループを抑えられなければ、国際的信用度を落とす可能性も
ある。カルフールの対応を含め、難しい時期を迎えているようだ。













『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【読者便り】映画「靖国」をみた

『台湾の声』編集部 御中

 本日午後、大阪府堺市内にて、映画「靖国」の試写会に参加しました。
内容は極めてお粗末で、日本の国としての尊厳や日本人の優しさを一方的に
切捨て、靖国神社に祭られている英霊を辱めるものです。とても許しがたいとい
うのが印象です。あのような低劣で、下品な映画に対して国の機関が助成金を出したと
は、強い憤りを感じます。

 私の個人的な印象では、北京政府の宣伝部署が日本人の信用を失墜させようと
したプロパガンダであると断言してもいいでしょう。

 台湾の原住民を利用して、日本の台湾政策を批判し、ごく一部の反日思想をあ
たかも全体であるような印象を与えていることに対し、一人の台湾研究者として怒りを
覚えました。

 この映画は、即刻破棄されるべきものと考えます。いくら日本が自由な国だか
らといってこのような日本を侮辱する映画の製作を支援するとは言語道断です。
  

 読者より















『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高雄県大樹郷産ドラゴンライチのご紹介【メルマガ日台共栄:第757号】

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「百日ぜき」急増、今後に注意

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板チョコ1年毎日食べる人募集

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレー植田監督の影に、金メダルエース

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月17日(土)、福井県支部(全国18番目)が設立!【メルマガ日台共栄:第756号】

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━【平成20年(2008年) 4月30日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
         新しい日台交流にあなたの力を!!
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.756]
1>> 5月17日(土)、福井県支部(全国18番目)が設立!

3>> 台湾の次期内閣の主要人事固まる

■お詫びと訂正
 昨日の「大陸委主任に頼幸媛女史起用のサプライズ人事」の記事で、「頼」の字を正
 漢字(繁体字)にしましたら全て文字化けしてしまいました。今後は常用漢字で表記
 することにします。お詫びして訂正します。             (編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 5月17日(土)、福井県支部(全国18番目)が設立!
   顧問に山谷えり子・参院議員や宮元陸・石川県議が就任予定

 来る5月17日、日本李登輝友の会の福井県支部が発足する。4月26日に設立した岐阜県
(村上俊英支部長)に次ぐ、全国で18番目の支部となる。設立総会は午後6時から、福
井市内の福井パレスホテルで開かれ、本部から永山英樹理事・事務局次長が赴き、日台
関係の重要性を講話する予定だ。

 支部長には3月の総会で新理事に就任した白崎一衛氏(しらさき かずえ:李登輝学
校研修団一期生・白崎技研代表取締役)が、事務局長には同じく本部理事で、第2回李
登輝学校研修団で副団長を務めた三上伊三男氏(みかみ いさお:前福井建立武生工業
高校校長)が就任予定だ。また、福井県選出の山谷えり子・参議院議員と、これまで支
部設立の相談に預かってきた本部理事でもある宮元陸・石川県議が顧問就任の予定とな
っている。

 この宮元県議の後援会や、小松市日台議員連盟とともに6月1日から3泊4日で訪台し、
李登輝前総統への表敬訪問も予定している。
                                       (編集部)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾の次期内閣の主要人事固まる

【4月29日 NNA】http://news.nna.jp/free/news/free_asia_twd_daily.html

 劉兆玄・次期行政院長は28日、行政院(内閣)の閣僚人事第2弾として計18人を発表
した。財務部長には李述徳氏(台北市政府秘書長)、教育部長には鄭瑞城(政治大学
学長)、国防部長には陳肇敏(国防部軍備副部長)を充てた。これで主要人事がほぼ固
まったことになる。第3弾も近日中に発表するとしている。

 中央社電によると、このほか新聞局長には史亜平氏(駐オーストラリア副代表)、金
融監督管理委員会(金管会)主任委員には陳樹氏(台湾金融研訓院董事長)、国家科学
委員会(国科会)主任委員には李羅権氏(中央大学学長)の就任が決まった。▼故宮博
物院院長▼人事行政局長▼原子能委員会▼文化建設委員会▼客家委員会──なども発表
されている。

 劉氏は「ベテランと新人を組み合わせた。ベテランは知識と経験を十分に活用し、新
人にも引き継いでくれるものと信じている」と述べた。

■大陸委員会に“異色人事”

 今回の人事で、“異色”と注目されているのは、大陸委員会主任委員への台湾団結聯
盟(台聯)の立法委員、頼幸媛氏の起用。頼氏は台聯と関係の深い李登輝前総統の側近
で、陳水扁政権では世界貿易機関(WTO)加盟交渉を行ったこともある。

 また聯華電子(UMC)の対中投資問題や中国製タオルのアンチダンピング問題などで
は中国に対して強硬姿勢を採ってきた。そのため国民党関係者からは同人事について、
「中台の経済交流拡大ムードにブレーキをかけかねない」と非難する声も上がっている。

 頼氏の人事について劉氏は、「馬英九次期総統の主導で決めた。頼氏は今後、台聯の
活動には参加せず、馬氏、蕭万長・次期副総統の中台政策に連動していく」と話してい
る。

■張行政院長、引退後公益活動に

 一方、新政権の発足にともない、政治の第一線から身を引く現内閣閣僚のその後の活
動が注目されている。

 28日付経済日報によると、張俊雄院長はボランティアなどに励む計画。陳瑞隆経済部
長はまずは休養をとり、その後のことはまだ考えていないという。謝志偉新聞局長は東
呉大学に戻り、教べんをとる。その他の閣僚もまずは休息し、それから将来設計を考え
るという人が多いようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見箱への投稿をどうぞ
 岐路に立つ日台関係。ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 ■ご意見箱 info@ritouki.jp

●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【再論「靖国」】アンフェアな製作手法も露呈

産経新聞 2008年4月23日

 国学院大学教授・大原康男

 とうに靖国神社の桜の花も散って、花見の喧噪もどこかへ消えてしまい、新緑薫風の境内は再び静かなたたずまいをみせているというのに、映画「靖国 YASUKUNI」(李纓監督)をめぐる論議はまだ収まりそうにもない。
 その基調音は、上映を予定していた映画館が相次いで中止に踏み切ったことで表現の自由が危うくなるという懸念だが、新聞各紙が指摘しているように、それは日教組の集会を拒絶したホテルの対応と類似したケースである。

 したがって、映画館側の過剰な自己規制がそもそもの原因であるにもかかわらず、自民党若手議員らで構成されている「伝統と創造の会」(会長・稲田朋美衆院議員)が求めた上映の動きがその契機となっているとし、「政治介入」を非難する方向に論点がずらされてしまった。

 稲田議員が9日付本欄で指摘した通り、この映画には文化庁の所管する日本芸術文化振興会の「芸術文化振興基金」(642億円の原資のうち530億円が政府出資金)から750万円の助成金が交付されており、助成するにふさわしい映画であるかどうかを判断するための材料を得ようとしたに過ぎない。

 つまり、国会議員の国政調査権に基づく適法なものであって、有村治子参院議員が3月27日の参院内閣委員会で文化庁の文化部長に対し、交付に関わる審査の手続きや経緯を厳しく質(ただ)したのも同じ根拠に立っている。

 この映画に対する評価は人によって区々(くく)であろうが、何といっても、3人のキャストのうち2人は「小泉首相靖国神社参拝訴訟」の原告であり、しかも、その1人は現在係争中の「靖国神社霊璽簿等抹消訴訟」の原告でもある。

 ≪刀匠への重大な裏切り≫

 彼らの主張を正面から繰り返し取り上げ、思う存分しゃべらせているのを見れば、「政治的、宗教的宣伝意図を有するものを除く」と規定する助成金交付の「基本方針」に明白に抵触していると言わざるを得ない。

 有村議員の長時間にわたる追及に文化部長はまともに答弁することができず、審査が驚くほど杜撰(ずさん)であったことが明らかになり、最終的には「助成金返還の是非」の検討が求められたのは当然のことといえよう。

 有村議員による一連の質疑の過程で初めて公にされたことだが、残る1人のキャストであり、かつて「靖国刀」と呼ばれた日本刀を製作したことのある高齢の刀匠は、キャストになることを「全く知らされておらず」、また「美術品として純粋に靖国刀匠のドキュメンタリーとして撮りたい」という出演依頼の際に受けた説明と出来上がったものとは内容が違っているとして、自分が映っている「映像を一切外してほしい」と希望しているという。

 李監督は「承知しているのに(有村議員が)変心させた。許せない介入だ」と矛先を有村議員に向けて反論したが、思わぬトラブルに巻き込まれた老刀匠は重い口を開いて「監督はもう信用できない。出演場面をカットしてほしい」と明言した(4月11日付毎日新聞)。刀匠の夫人も有村議員の電話による問い合わせによって「影響をうけたことはない」と答えている(同日付東京新聞)。

 ≪道義的責任も加わる≫

 事実がこの通りならば、この映画が刀匠の気持ちをはなはだしく踏みにじったものであることは間違いないが、一方、映画の舞台となった靖国神社も4月11日に「撮影許可手続きが順守されていない」うえに「事実を誤認させるような映像等が含まれている」という理由で監督と配給会社に対して問題映像の削除などを求める通知を行った。

 おそらく、撮影が認められていない霊璽奉安祭や遊就館内部の無断撮影と靖国神社のご神体を日本刀と誤認している点を指しているのだろうが、こうした不誠実でアンフェアな手法によって製作された映画そのものの道義性も厳しく問われねばなるまい。重ね重ね公的助成に値する作品ではないというほかない。

 最後に一言。多くのメディアや文化人・各種団体などが今回の上映中止を激しく非難しているが、彼らは旧ソ連の樺太侵攻によって貴い命を失った9人の乙女を描いた「氷雪の門」がソ連の圧力によって上映中止になった昭和48年に同様な声をあげたのか。

 今回、いち早く抗議声明を発した映画演劇労働組合連合会は平成10年に封切られた「プライド−運命の瞬間(とき)」の上映中止運動を展開したのではなかったか。この点をとくと尋ねてみたい。

(おおはら やすお)







『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大陸委主任に!)幸媛女史(台湾団結聯盟所属)起用のサプライズ人事【メルマガ日台共栄:第755号】

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━【平成20年(2008年) 4月29日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.755]
1>> 大陸委主任に!)幸媛女史(台湾団結聯盟所属)起用のサプライズ人事
2>> 台湾団結連盟が党改名も視野に再出発、李登輝前総統が両岸関係を語る
3>> 聖火リレー逮捕の台湾在住チベット人に協力:代表処
4>>「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担

■きょうは「昭和の日」(祝日)です
 昭和天皇のお誕生日だった4月29日は、その崩御後「みどりの日」とされていました
 が、平成17年(2005年)に祝日法が改正されて、平成19年(2007)より「昭和の日」
 となり「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいた
 す」祝日となりました。今日のこの日、日本人なら堂々と国旗(日章旗)を掲げたい
 ものです。                            (編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 大陸委主任に!)幸媛女史(台湾団結聯盟所属)起用のサプライズ人事
   馬英九・次期総統は李登輝前総統の対中姿勢を取り入れたのか

 昨日、劉兆玄・次期行政院長は、新政権で対中関係を担う大陸委員会の主任委員(大
臣に相当)に台湾団結聯盟所属の前立法委員(国会議員に相当)である!)幸媛女史を起
用すると発表した。

 この人事には驚いた。中国国民党政権の柱の一つが大陸委員会である。だが、馬英九
・次期総統は台湾の対中国窓口機関のトップと位置付けられる海峡交流基金会の理事長
に、中国国民党ナンバー2で副主席の江丙坤氏を指名している。すでに江丙坤氏は4月23
日には両岸海空運の直航および中国大陸観光客の台湾観光開放に関する構想を国民党の
中央常任委員会に報告し、翌24日からは中国を訪問して上海をはじめ昆山(江蘇省)、
厦門(福建省)、東莞(広東省)などを回って27日に帰台している。

 ところが、対中国政策を主管する政府の大陸委員会の主任委員に、李登輝前総統が指
導する台湾団結聯盟所属の!)幸媛女史を指名したのである。いわば李前総統の側近を対
中政策のトップに起用したことになる。新政権はその意味で、国民党と台聯との連立政
権的な様相を呈してきた。

 この!)幸媛女史の起用はサプライズ人事ではあるが、台湾の主権を維持しようとする
姿勢を示すとともに、経済面での過度の中国傾斜に歯止めをかけ、中国の統一攻勢にク
サビを打ち込む人事のようだ。

 今回、馬英九・時期総統は!)幸媛女史の起用について「事前に李氏から支持を取り付
けた」という。

 その李登輝前総統は4月23日、台湾団結聯盟の党本部移転茶会の席で対中政策につい
て「両岸の貿易経済は国際ルールに則って往来すればよい。但し、政治的な立場として
は、必ず台湾の国家主権を堅持しなければならず、これを譲ってはならない。また、両
岸交流時において、防疫、金融安定、治安等の問題はすべて政府が処理、解決しなけれ
ばならない」と述べている。

 もし、この李登輝前総統の対中姿勢を馬英九氏が取り入れたとすれば、江丙坤・次期
海峡交流基金会理事長の動きを牽制した人事とも言えよう。台湾は静かに、だが激しく
動いている。

 以下に、!)幸媛女史起用を伝える「産経新聞」の報道と、李登輝前総統の発言を伝え
る「台湾週報」を参考に供したい。

                   (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原 正敬)
--------------------------------------------------------------------------
対中政策トップに強硬派起用 融和路線・馬氏 政治は別モノ
【4月29日 産経新聞】

 5月20日に発足する台湾の馬英九次期政権で、行政院長(首相)に内定している劉兆
玄氏は28日、対中国政策を主管する大陸委員会の主任委員(閣僚)に、台湾派女性で前
立法委員(国会議員)の!)幸媛氏を起用することを発表した。!)氏は李登輝前総統の直
系で対中強硬論者ともいわれる。中国国民党の馬新政権は経済面で対中融和を掲げるが、
政策面では政治を経済と切り分け、「主権」の主張を含む「中華民国」として独自の立
場を貫く姿勢をにじませた。

 馬氏は!)氏の起用についてこの日、「彼女は台湾の法的独立を支持していない」と述
べて国民党の政策と路線矛盾はないと強調、この人事案では事前に李氏から支持を取り
付けたことを明らかにした。

 !)氏は台湾紙・中国時報の記者出身で、李氏が後ろ盾となってきた台湾団結連盟に所
属。陳水扁現政権下では安保政策を決定する国家安全会議の重要ポストに就き、民主進
歩党の次期主席候補の蔡英文氏ら独立派とも良好な関係を保つ。

 総統選で対中融和による経済振興策を訴えた国民党は、当選直後から蕭万長次期副総
統が訪中して胡錦濤国家主席との会談を実現。連戦名誉主席も私的立場で中国を訪れて
おり、胡主席との会見を予定するほか、6月には呉伯雄主席が北京入りし、中国共産党
総書記を兼ねる胡氏との国共トップ会談に臨む方向だ。

 ただ、活発化する党要人による対中交流は、中台直行便の拡大など経済協力の強化が
中心とみられ、中国が主張する「一つの中国」の扱いなど、微妙な政治議題は棚上げと
する印象を内外に与えてきた。

 しかし、同党幹部は「!)氏を起用する『全方位内閣』は台湾の地位と利益を守るため
の布陣だ」と述べ、経済振興のための過度の中国傾斜は「台湾の主権」をゆがめるとの
一部世論の懸念を払拭(ふっしょく)。今後は対中交流実務を行う海峡交流基金会の理
事長に指名された江丙坤・同党副主席が経済分野で調整役を担い、!)氏は馬氏の指揮下
で政策の手綱を締める両輪体制を構築する狙いという。

 一方、党内からは、「李登輝路線の復活」との反発も出ている。!)氏が李氏に近いこ
とに加え、新政権が李登輝・国民党政権時代の幹部を続々と重用しているためだ。国民
党から除名処分を受けた李氏は党と一定の距離を保ってきたが、産経新聞との会見で馬
政権に協力する意思があることを表明しており、ある党幹部は「李氏は馬氏を寝技に持
ち込み、影響力を増す可能性がある」と話している。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾団結連盟が党改名も視野に再出発、李登輝前総統が両岸関係を語る

【4月24日 台湾週報】

 台湾団結連盟(台連)は4月23日午前、中央執行委員会を開き、第3回中央執行委員会
の解散し、黄昆輝・台連主席によって新たな中央執行委員会を組織し、党中央について
も一ヶ月以内に改造することを決定した。

 黄主席は「台連は今後、柔軟性のある政党に転換する。台連に共鳴する人々が集う『台
連の友』への加入を呼びかけ、台連は3.5%(立法委員選挙の得票数)から再出発する」
と決意を示した。

 台連は同日午後、台北市紹興北街の新中央党部で党本部移転茶会を開き、李登輝前総
統、蘇進強・台連前主席らが駆けつけ、祝賀の意を表した。

 このなかで、李前総統は「今回の総統選挙からは、『よくできなければ辞めてもらう』
という、人民が主人であるとする民主主義の観念が、すでに台湾の国民の心の中で深く
なっていることがわかる」と指摘し、「人々は、(指導者が)何を言ったかではなく、
何をしたかに注目している」と台湾の民主主義の進歩を評価した。

 李前総統は「2008年の総統選挙は統一か独立かという闘争の時代はすでに過去のもの
であるということを告げるものだった。台湾はすでに主権独立国家であり、これ以上台
湾独立を主張する必要はない」と述べ、「国民党内の統一派が統一を主張したとしても、
先に聞くべきなのは、胡錦濤(中国国家主席)が台湾を統一したいのか、統一する能力
があるのかであり、そもそもそれはないのである」との認識を示した。

 李前総統は「台湾は主権独立国家である。法的地位の問題に関しては、それぞれが真
剣になって研究しなければならない。経済を良くし、民主主義を引き続き深化させるこ
とで国際的評価を得てから、台湾は改めて法的地位を勝ち取ればよい」と強調した。

 さらに李前総統は「台湾と中国は2つの主権独立国家であり、両岸の貿易経済は国際
ルールに則って往来すればよい。但し、政治的な立場としては、必ず台湾の国家主権を
堅持しなければならず、これを譲ってはならない。また、両岸交流時において、防疫、
金融安定、治安等の問題はすべて政府が処理、解決しなければならない。これらの問題
は大手の企業家が見落としがちなところなので、政府が必ず責任を負わなければならな
い」と指摘した。

 馬英九・次期総統が当選後に「『一つの中国』の解釈を各自表明する」とする「92年
のコンセンサス」を表明したことについて、李前総統は「この過程は私が最も理解して
いる。これは元行政院大陸委員会主任委員の蘇起氏が2000年に言ったものだが、蘇氏は
そもそもこの会議(1992年の香港会談)に参加していなかった。後に蘇氏もこのような
意味はなかったと言った」と指摘し、「92年のコンセンサス」の存在を否定した。

 三通、直航に関して、李前総統は「国家の立場を堅持し、国際ルールに則り、国家安
全に注意しさえすれば、どのように進めても構わない」としながらも、「台湾の人々は
長期間にわたるイデオロギー闘争を経て、休息を求めている。しかし、いま『中国と三
通、直航を進め、いわゆる共同市場を推進しさえすれば台湾の経済はよくなる』という
もう一種のイデオロギーが湧き起こっているようだが、私はこの説をあまり信じない。
これは台湾にとって危険なものである」と述べ、過度の中国傾斜に懸念を表明した。

         〇        〇        〇

 黄昆輝・台連党主席は今後の党運営に関して、「台連が発表した『中道左派』路線は、
国民党や民進党からも反響があった。引き続き、台連は新政治文化運動の推進を国民に
呼びかけたい」と述べ、さらに多くの在野勢力を引き込むために党の改名も排除しない
考えを示した。

 黄主席は、「台連は8年政治改造計画を策定し、シンクタンクを通じて世論調査セン
ターを設立し、政策のチェック&バランスと戦略計画能力を強化して国民党と競争し、
国民党の汚職腐敗、派閥による山分け、黒金(ヤクザ政治)の復活を予防したい。また、
地方のエリートを養成し、政治闘争を政策競争に、民族対立を政策監督に、懐疑的な罵
り合いを理性的な対話に変えていきたい」との方針を示した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 聖火リレー逮捕の台湾在住チベット人に協力:代表処

【4月27日 Radio Taiwan International】

 26日に日本の長野市で行われた聖火リレーで、卓球の福原愛さんがトーチを持って走
っていたとき、台湾在住のチベット人が道路に飛び出して逮捕された。このチベット人
は、チベット青年会議台湾支部の札西慈仁・副主席。

 中華民国台湾の日本駐在機構、台北駐日経済文化代表処の朱文清・広報部長によると、
許世楷・日本駐在代表は26日午後にこれを知るとただちに代表処職員と弁護士に、警察
側と接触すると共に状況把握に努めるよう指示した。48時間の拘留後、代表処職員が長
野県中央警察署でこの男性と対面して必要な協力を行う。

 外交部の葉非比・スポークスマンは26日夕方、札西慈仁氏は1990年代にチベットから
台湾にやってきて中華民国国籍を取得していると明らかにした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>>「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担

【4月29日 朝日新聞】

 【北京=峯村健司】北京五輪の聖火リレーへの妨害を防ぐため、各地の中国大使館側
が旅費を負担するなどして、現地の中国人留学生らを大量動員していたことが関係者の
話でわかった。「人間の壁」による妨害対策を指示するなど、対処マニュアルも作成。
各地で赤い中国国旗を振っていた「聖火応援隊」は、やはり当局主導だった。

 長野市を走った26日の聖火リレーでは、約5千人の中国人留学生らが日本各地から集
まった。東京から参加した複数の留学生によると、前日から夜行バスで向かい、1人2
千円の交通費を負担したが、残りの費用は、すべて大使館側が負担してくれたという。

 配られたマニュアルでは、(1)聖火が引き継がれる地点にそれぞれ20人ずつ集まっ
て「人間の壁」をつくり妨害者の進入を防ぐ(2)自分たち以外の大人数の団体を見つ
けたら責任者に報告する(3)不審な物を発見したらすぐに新聞紙や服で包んで排除す
る、などと書かれている。

 さらに「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」「大声を
出してもいいが、相手を侮辱するような言葉は使わない」など、法律やルールを守るよ
う呼びかけ、現場でも注意されたという。中国のイメージが損なわれないよう配慮して
いることがうかがえる。

 関係者によると、パリやロンドンで聖火妨害が相次いだため、各大使館が中国人留学
生や華僑を動員し、聖火を防衛することを決めたという。オーストラリアのキャンベラ
では1万人以上が、アルゼンチンのブエノスアイレスでも数千人の留学生らが動員され
た。リレーが通過しなかったカナダやニュージーランドなど15カ所でも、現地中国人
による大規模な「北京五輪支持集会」が開かれている。

 24日にあった中国外務省の定例会見で、「中国大使館が費用を負担して現地の中国人
を動員しているのか」という記者からの質問に対し、姜瑜副報道局長は「そのような質
問をして、どんな意味があるのか」と明言を避けた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見箱への投稿をどうぞ
 岐路に立つ日台関係。ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

 ■ご意見箱 info@ritouki.jp

●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。



本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/


posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【寄稿】「中華文明はワールド・スタンダードに挑戦する」

ペンネーム:知床遙かなり


現在、チベット問題をきっかけに世界中で中国への非難が高まり、聖火リレーを
始めとしてオリンピックそのものへの抗議が続いている。
言うまでもないが、中国政府にオリンピックを主催する資格は無い。大会憲章に
も銘記されているように、オリンピックは平和の祭典である。片方の手で聖火
を持ち、片方の手で銃剣を突きつける姿勢に世界の人々が反感を覚えるのは当然
である。

しかし、これに反発するように、中国国内や世界の華僑社会では中華ナショナリ
ズムが沸騰している。国家の威信をかけたオリンピックを汚す者は、例えそれ
が欧米諸国や日本であっても許さない。そこには中華文明の宿阿とも言うべき自
己絶対正義の世界観が存在する。
そもそも中華文明とは政治・経済・文化のあらゆる面で覇権をとなえ、周辺諸国
にその恩恵を享受させ、服従を強いるのが特徴である(華夷秩序という)。中
国人民は常に外敵・天災・飢饉といった脅威に曝され、自らの生存のためにこれ
らの覇業を成就してくれる英雄を求めてきた。英雄には君主(皇帝)という称
号が与えられ、その権威は王朝によって引き継がれるのである。逆に、覇業を成
就できない君主は人民によって粛正され、新たな英雄に取って代わられる(易
姓革命という)。そうした意味で、中華ナショナリズムとは人民の文明に対する
思い入れであり、文明を実践してくれる王朝(現在は中華人民共和国)への忠
誠といえる。
幾億の人民を一つの国家の下に統率するには巨大な権力機構が必要であり、その
権力が脅かされないよう、国家は人民を常に監視する必要がある。皮肉なこと
だが、人民から与えられた権力でありながら人民を抑圧しなければならない自己
矛盾を抱えている。つまり、中華文明には人権という意識が欠落している。当
然ながら、反体制勢力・少数民族に対する弾圧は苛烈を極め、それがチベットの
犠牲を生んでいるのである。

指導者だけではなく中華文明の覇権を望む人民にとって、そうした犠牲は取るに
足らないといえよう。覇業成就こそが中華文明の自己絶対正義なのである。例
え諸外国が非難しようが、耳を貸そうとはしない。中国政府は情報を統制し、大
衆を煽動して言論空間を狭め、自らの権力基盤を強化しようとさえしている。
現在、中国国内で吹き荒れている反欧米デモは、そうした中華文明の本能が噴出
した結果なのである。過去の欧米列強・大日本帝国による蹂躙を乗り越え、中
華文明の復権を果たすことが最終目標なのである。オリンピックはその手段に過
ぎないといってもよいだろう。逆に、オリンピックの失敗は権威の失墜を意味
し、中国政府が諸外国の動向に神経質になるのは当然かもしれない。覇権の成就
はまさにこのイベントにかかっているのである。
もっとも、そのためには先進国を始めとする諸外国の協力が不可欠であるという
パラドックスを、中国政府は身を以て感じているはずである。

以上述べてきたように、中華文明の覇権主義は世界にとって脅威である。ワール
ド・スタンダードに対する挑戦といっても良いが、それはあらゆる方面に現れ
ている。台湾に対する政治的・軍事的威嚇、靖国神社や尖閣諸島に対する不当な
要求、ミャンマー・スーダン・ジンバブエといった独裁国家への支援、資源確
保のための形振り構わぬ金銭外交、人民元の不正為替操作、環境破壊、汚染食品
の輸出など、数えればきりがない。
こうした脅威に立ち向かうため、我々に与えられた有効な武器とは何か。それこ
そが自由・人権・民主主義の原則である。寛容と互恵の精神を以て言論空間を
確保し、政治に透明性を持たせ、公明正大な姿勢を以て諸外国と連携し、常に中
華文明に対する警戒を怠らないことである。自由・人権・民主主義の原則は中
華文明にとって決して受け容れられない代物であり、そうした意味で我々は中華
文明を牽制できる。
オリンピック開催が決まった当初、経済成長に伴って中国もやがて民主化するだ
ろうという期待感は存在した。しかし、そろそろそうした幻想を捨てねばなる
まい。彼らの文明の本質は悠久の時を経ても不変である。それを見極められれば
、おのずと進むべき道は定まるのである。

北海道に台湾領事館を!日台友好万歳!






『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

許世楷代表が金沢講演で烏山頭ダムの世界遺産登録の代理登録を提案【メルマガ日台共栄:第754号】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
新しい日台交流にあなたの力を!!
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.754]




3>> 許世楷代表が金沢講演で烏山頭ダムの世界遺産登録の代理登録を提案
4>> 毒ギョーザに抗議するエプロンデモ御礼 [実行委員会代表 岡本 明子]

■編集部よりお詫びと訂正
 昨日の岐阜県支部の設立総会報告で、総会には地元選出の野田聖子・衆議院議員が駆
 けつけ、講演会の前に挨拶されたことを書き漏らしてしまいました。お詫びして訂正
 いたします。野田議員は台湾が大好きだそうで、台湾との関係は祖父の野田卯一・元
 建設大臣からであることを紹介しつつ、日台関係の重要性を訴えました。(編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 許世楷代表が金沢講演で烏山頭ダムの世界遺産登録の代理登録を提案

 4月25日、台湾駐日代表処の許世楷代表が金沢市内で行われた講演で、金沢出身の八
田與一が造った烏山頭ダムは世界遺産に登録されるべきもので、ユネスコのメンバーと
なっていない台湾に代って日本が登録して欲しいと提案した。

 折しも、台湾との交流促進を目的とした石川県訪問団(団長・谷本正憲知事)と富山、
福井を含む観光ミッション団計約40人が20日から台湾を訪問しており、23日に烏山頭ダ
ムを視察した谷本知事は「石川の誇りだと感じた」と感銘を受けた様子だったことを読
売新聞が伝えている。

 石川県の「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(中川外司・世話人代表)は、毎年、
八田與一の命日の5月8日、烏山頭ダム湖畔の八田與一墓碑前で墓前祭を執り行っている。
今年もまた行う。

 台湾と日本を結ぶ絆の象徴が八田與一である。ぜひ日本は台湾に代って烏山頭ダムの
世界遺産登録に協力して欲しいものだ。烏山頭ダムを視察して感銘した谷本知事からも、
石川県議会としても、ぜひ政府に働きかけて欲しい。          (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
許・駐日代表:烏山頭ダムの世界遺産登録に協力を
【4月26日 Radio Taiwan International】

 中華民国台湾の許世楷・日本駐在代表は25日、石川県金沢市で講演。この中で、許世
楷・代表は、台湾と石川県との関係は特別で、それは日本統治時代に石川県出身の故・
八田与一さんが烏山頭ダムを作って灌漑を成功させ、天気まかせの畑だった嘉南平野を
良質の農地に改造し、多くの人に幸せをもたらしたからだと説明した。故・八田与一さ
んの偉業は台湾で今も語り継がれている。

 許世楷・代表は、烏山頭ダムはユネスコの世界遺産に登録申請されるべきものだが、
台湾は国連に認められず、ユネスコのメンバーでもないため申請さえできないとし、日
本の人たち、特に石川県の人たちが烏山頭ダムを石川県人の誇りと考えるならば、台湾
に代わって登録申請してほしいと訴えた。

 許世楷・代表によると、東京上野にある国立西洋美術館はフランスによって世界遺産
に登録申請する動きがあり、登録申請の代行は前例があると言う。
--------------------------------------------------------------------------
烏山頭ダムを視察 知事、八田氏業績に感銘
【4月24日 読売新聞:石川県版】

 【台南県官田郷(台湾南部)=蒔田一彦】県訪問団(団長・谷本知事)は23日、金沢
出身の技師・八田与一氏(1886〜1942)が日本統治時代に手がけた台湾南部の烏山頭ダ
ムを訪れ、4日間の台湾訪問を締めくくった。

 地元水利組合や県によると、烏山頭ダムは1920年の完成当時、アジア一の規模で、1
万6000キロに及ぶ水路を巡らせた南西部の嘉南平野は、台湾最大の穀倉地帯になった。
八田氏の死後、ダムの近くに墓碑と銅像が建てられ、今も毎年、地元の住民らが墓前祭
を行っている。

 一行は、八田氏の写真や遺品が展示されている「八田技師記念室」を見学し、墓前に
花を手向けた。ダムは完成から80年以上たっても農業、工業、飲料用で大きな役割を果
たし、ダム湖を視察した谷本知事は「ダムに立って改めて偉業であり、石川の誇りだと
感じた」と感銘を受けた様子だった。

 一行は同日午後、次の訪問地の香港に向けて出発。24日夜に帰国する。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 毒ギョーザに抗議するエプロンデモ御礼 [実行委員会代表 岡本 明子]

皆様

 今回、女性だけで準備しましたエプロンデモでしたが、無事、終えることが出来まし
た。ご参加下さった方々、様々なご協力を頂戴した方々に深く感謝申し上げます。

 最初は集まりが悪く、早々と来ていた新聞記者、マスコミ関係者達のほうが多いので
はないか? と心配しておりましたけれども、デモが始まる頃には長い列になり、最終
的には約150名の方が参加して下さいました。(お子さんたちもいました)

 参加者の方々によれば、沿道からは応援の声や、賛同・共感する声が少なからず聞こ
えてきて、或る方が「一緒にどうですか?」と誘ったところ、デモに急遽参加された方
もいらしたようです。

 そんな中で、デモに参加できてよかった、シュプレヒコールに涙が流れたと仰って下
さった女性もいらしたと聞きました。

 当初は、毒ギョーザや衣類、環境の問題に的を絞って行なうつもりだったエプロンデ
モでしたけれども、チベットや五輪問題にも広げてほしいという要望が寄せられまして、
チベット旗も掲げてのデモとなりました。

 シュプレヒコールの中でも、中国に五輪を開催する資格はない、チベットへの弾圧を
やめろ、ということも訴えました。

 一番賑やかな数寄屋橋のところで、救う会の署名活動をしておられた増本さんや支援
者の方々にエールを送り、拉致された人たちを絶対取り戻そう!というシュプレヒコー
ルも行ないました。

 一般の国民の中に、私たちと同じく、生活に身近な食や衣類、そうしたことへの不安、
不平というものがあり、その上で、それらの問題は、チベット問題などにも無関係では
ないということを、多くの国民の皆さんに伝えられたことの意義は大きかったと思いま
す。

 また、女性が主体となって立ち上がったデモということで、マスコミにも大いにアピ
ールしたようです。

 最初だけ取材するのかなと思っておりましたが、最初から最後まで記者たち、それか
らフジテレビのカメラも付いてきました。

下記に、各紙掲載の記事と、ブログをご紹介します。

 これで終わりという問題ではありませんから、今後も、エプロンデモ企画メンバーも
それぞれの場で、頑張りたいと思っております。皆様、本当に有難うございました。

*以下、ひとりごと……

 デモ参加者に、頭にすっぽり入るギョーザ(ナポレオン帽みたいな)を作ってきてた
人がいました。コキントー国会演説のときに、国会周辺を、ギョーザをかぶって、エプ
ロンして歩いたらいいかも♪

 ギョーザの前側には「祝国賓 毒餃子危険」 後頭部には「パリッと焼けて、コロッ
と死ねる」とでも書いて……

 これなら、警察も取り締まれず、顔も見えず、男性でもオッケー。 乞協力者!

                                  岡本明子拝
--------------------------------------------------------------------------
【朝日新聞】 4月26日(土)朝刊14版35頁

ギョーザ事件への対応求め 食の安全、主婦ら訴え
エプロン姿で都心デモ きょう

 台所から食の安全確保を訴えたいと首都圏の主婦たちが26日に都心をエプロン姿で
デモ行進する。中国製冷凍ギョーザ事件で食への不安が高まったのに原因は未解明のま
ま。食卓をあずかる消費者として日中両政府に責任ある対応を求めたいという。
 呼びかけ人のひとりが小池よし子さん。1月末の中毒事件の発覚後、横浜市内で開く
洋裁教室でも食をめぐる問題が話題にのぼった。
 教室では春になると、裏の土手にはえているフキをとってきゃらぶき(フキの茎のつ
くだ煮)を作る。小池さんは「地場のもの、旬のものを大切にするのが食生活の基本」
と考えている。
 友人の楠木恵子さんは「事件で中国製には手を出さなくなりました」と話す。輸入の
食品に頼らざるを得ない日本の食糧自給率の低さが、事件の背景にあるのではないかと
も考えた。
 事件の原因はいまだ明らかにならず、解決の展望もみえない。小池さんらは「こんな
大事な問題がうやむやのままでいいわけがない」と意見が一致。思いついたのが、家庭
の台所をあずかる立場の象徴であるエプロンをかけて町中を歩くことだった。
 誰もデモ行進の経験などないが、それぞれが友人やネットを通じて賛同者を募り、数
十人に輪が広がった。26日は台所道具であるお玉や鍋など手に歩き、台所から事件へ
の「抗議」の意思を表すつもりだ。(中野晃)
--------------------------------------------------------------------------
毎日新聞 4月27日(日)朝刊14版26頁
◆中国政府に抗議デモ

 冷凍ギョーザ中毒事件やチベット人権問題などに抗議するデモが26日、東京や大阪、
福岡で行われた。中国政府に批判的な市民団体などが企画した東京・銀座にはインター
ネットでの呼びかけに応じた市民約150人が参加した。
 当初デモの主な目的はギョーザ事件への抗議で、エプロン姿でお玉を打ち鳴らす主婦
たちが先頭に立ちプラカードを片手に毒ギョーザ事件の責任をとれ」と叫んだが、チベ
ット旗を掲げ「フリーチベット(チベットに自由を)」を訴える若者たちも加わった。
--------------------------------------------------------------------------
東京新聞 4月27日(日)朝刊12版24頁
ギョーザ事件に主婦ら抗議デモ 銀座

 中国製ギョーザ中毒事件の真相究明を求めて、エプロン姿の主婦らが中国・日本両政
府に抗議するデモが二十六日、東京・銀座であり、約百三十人が「事件をうやむやにす
るな」などとシュプレヒコールを上げた。
 デモは食の安全に関心の高い神奈川県の主婦仲間がインターネット上などで参加を呼
びかけて実現。三十−五十代が中心の主婦らは、両手にお玉や鍋を持って打ち鳴らしな
がら「国民の生活を守れ」などと絶叫。デモを企画した一人で同県相模原市の岡本明子
さんは「食卓を預かる主婦が団結して声を上げたかった」と話していた。
--------------------------------------------------------------------------
読売新聞 4月27日(日)朝刊

※エプロンデモについての記事はなし。福岡の抗議活動には言及。

騒動避け店開けず・「ネット市民」次々  聖火一過
(中略)
 各地で抗議活動
 聖火リレーが行われた26日、福岡市などでチベット支援者らによる抗議活動があっ
た。
 福岡市では、福岡県大野城市の市民団体メンバーら約20人が「チベットに自由を!」
と書かれた横断幕を掲げた。在福岡中国総領事館前では約40人が抗議文を読み上げ、
「チベットに独立を」と声を上げた。名古屋市では、中国政府から非合法化された気功
集団「法輪功」を支援するNPOのメンバー約200人がパレード。宮崎市では法輪講
のメンバーが集会を開いた。
--------------------------------------------------------------------------
【サンスポ】 4月27日(日)朝刊7版25頁
銀座では主婦が中心
エプロンデモ

◆…東京・銀座でも26日、中国製ギョーザ中毒事件やチベット問題を引き起こした中
国政府に対する「エプロンデモ」が行われ、参加者は「問題だらけの中国にオリンピッ
ク開催の資格はない!」と訴えた。
 おたまと鍋を持ったエプロン姿の主婦が中心となり、チベット旗を掲げた学生らも加
わり約150人が参加。「毒ギョーザをまき散らすな」「チベット人の人権を守れ」な
どと声を上げながら繁華街を練り歩いた。女子学生(25)は「長野に行けなくて参加
した。中国は耳を傾けるべきです」と語った。
※SANSPO.COMにも同じ記事がありました
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200804/sha2008042705.html
--------------------------------------------------------------------------
【ブログでレポートが載っているところ】


デモに参加して再認識 - りぃーんりん - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mushi_suzu/6993634.html

中国旗ばかり?それは当然、要所は日本人締め出しですから:イザ!
http://ringx.iza.ne.jp/blog/entry/555500
--------------------------------------------------------------------------
NPO法人(申請中)家族の絆を守る会(FAVS)
事務局長 岡本明子
FAVSブログ http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見箱への投稿をどうぞ
 岐路に立つ日台関係。ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

 ■ご意見箱 info@ritouki.jp

●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。


本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。