2008年06月19日

スプーンで壁に穴を開け脱獄

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】歴史に汚点を残す民潭と総連の和解1

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【北朝鮮】潜入工作員が密航者だと警察に偽装自首する手法も登場

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗客の安全確保に徹した崇高な精神力(引用)

 日、静岡県の東名下り線を走行中の大型トラックの左後方のタイヤだ脱落、車道を横切って、1.3mの中央分離帯の柵を飛び上がり、上り車線を走行中の観光バ­スのフロントガラスを突き破り、運転手を直撃、死亡させるという痛ましい事故があった。
 100キロものタイヤが運転手の頭を直撃したのだから、即死に近かったと思うが、57歳の関谷定男運転手は、反射的にサイドブレ−キを引き、60m先にバスを停­車させたという。
 崇高な乗客安全の精神が最後の力を振るわせ、一瞬の反射神経を働かせて、サイドブレ−キを引いたのであろう。
 この運転手のとっさの行為のお陰で、41名の乗客は7名の軽傷者を出しただけで済んだのである。
 誠に見上げたバス運転手魂である。




仰せの通り、全日空61便ハイジャック事件で、殉職された長島機長を、思い出しました。




巨人の星Uだった、星ひゅーまが車で助手席に女の人を乗せ運転し事故の直前の時足で女の人をかばったのを思い出した
ただしその時星は無面許だったけど。


posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独裁国の大災害対応の三つの共通点(転載)

 ミャンマ−を襲った大ハリケ−ンに続いて、今度は中国内陸部を大地震が襲った。
 ミャンマ−は軍事政権独裁国家、中国は共産党独裁国家だが。この二つの独裁国家の大災害対応のパタ−ンは次ぎの3点で全く同じである。
1 救援支援のカネと物資は受け取るが、人的援助は拒否する
2 政府幹部が災害視察に訪れ、激励している場面だけをテレビで放映し、強調する
3 外国のテレビが現地入りすることは一切認めない。現地入りを認めるのは政府系テレビだけである
 この共通点は、不思議でも何でもない。
 国内向けには、政府や軍が全力を尽くしていること大々的にPRするが、悪いところは知らせないようにする。
 対外的には、政府の対応のまずさや救援の遅れによる被害の拡大を暴かれたり、上記の政府報道の方針に反する報道をされたりするのを防止するためである。
 この考え方は、独裁国に共通なものだからである。
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四川省地震の建築災害は人災要因が大・gの意見

gの意見


 ・・・こんな事なので、
   中国は落ちるしかない




(転載開始)


 四川省地震では、テレビ映像でみる限りは、火災は起こってはいないようだが、建築物の倒壊被害は目に余るものがある。
 民家は古く、かつ煉瓦をモルタルで積み重ねたような建築だから、ひとたまりもなかったことは分かるが、コンクリ−ト建ての構造物の倒壊もひどい。
 中国政府の建築関係元官僚の話では、建築許可に絡んでの官僚による収賄が耐震強度に関係していると言う。
 たとえば1000万円の建築許可を得るのに、200万円くらいの賄賂が必要になり、それだけ工事予算が減るから、手抜き工事にならざるを得なくなり、耐震強度が­弱まるのだという。これは明らかな人災要因である。
 官庁の倒壊は少ないが、小、中学校が軒並み倒壊して、多数の生徒が生き埋めになっていることも事実なのである。
 中国は、経済の高度成長、所得格差の拡大に応じて、官僚の収賄も激しくなってきている、と聞くが、さもありなんとという感じもする。
 四川省地震は、阪神大震災の30倍以上の激しいものであったことは事実だが、地震多発地帯であるにも拘わらず、耐震基準も低く、更にこのような人災要素もあると­すると、中国の急速な高度成長の陰に隠れた大きな歪みが大地震によって顕在化したものといってもよかろう。



中国の役人賄賂は伝統的です、嘗ては対象が小さかったので、すが現在はビル建設など多大な金が動くので大仕掛けに賄賂作戦を行っているのだろう。その結果の現れ­ではないか。雀100迄この国民性は治らない。
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害報道にみるミャンマ−と中国の異同点(転載)

 ミャンマ−を襲ったサイクロンと中国四川省の大地震、いずれも大天災だが、これに対する両国政府の対外姿勢には異同点がある。
 まず、第一の相違点は、情報の対外的なオ−プン度である。
・ミャンマ−・・外国メディアをシャットアウトした
・中国・・1976年の唐山地震のときと異なり、オ−プンであった
 これは、政府の災害対処の自信の有無の違いが影響したものであろう。
 自信のないミャンマ−は隠そうとする気持が強かったのであろう。それは国力の違いを示すものとも言える
 第二は、外国への救援要請の相違点だ。
・ミャンマ−・・カネ、物資以外の人的支援は頑なに拒否した
・中国・・すべての面で救援を要請し、受け入れを迅速に表明した
 ミャンマ−は、政府の救援のお粗末さを外国人に見られたくなかったのであろう。中国は、自身の救援力という点でも自信を持っていたのだと思う。
 次に両国で同じ点は、人災、政治的側面の隠蔽と言う点である。
・ミャンマ−・・救援の段階から復興段階であるとして、帰る家も崩壊してしまっている避難民を避難所から追い出し始めている。
・中国・・学校崩壊の耐震設計や手抜き工事監理に関する責任や核施設崩壊による放射性物質喪失責任などの人災面を秘匿しようとしている
 これらは、両国とも独裁政権だから、政治責任になることは隠匿したり、回避したりしようとする意識の表れである。 
 国家も個人と同様に、「見得」も「外聞」も気になるということだが、被災人民の心情への配慮を怠らないように願いたいものである。
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の人口、27年連続で減少

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。