2008年08月10日

グルジア紛争に中国が神経質になる理由(転載)

 グルジアの自治集州、南オセチアを巡って、グルジアとロシアが戦闘状態に突入した。

 この裏には、200年間にわたるロシア支配に対する反ロシア意識が高く、EU接近を図るグルジア民族と、これを嫌って、グルジア内の異民族であるオセット人が多­く、独立を求める南オセチアを支援し、ロシア軍を駐留させているロシアの対立がある。
 一見、無関係と思われるこの問題について、中国が神経を尖らせているのは、同じく、「チベット」と「新疆ウイグル」という民族の独立問題を抱え、北京五輪への妨­害行為を心配する中国にとっては、このグルジア紛争が国内の民族問題を刺激し、飛び火することを恐れるからである。
 その可能性は十分あるが、北京五輪の警備をより固めるしか手はあるまい。

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国経済・gの意見

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。