2008年06月28日

創価学会が嫌いであります。2・gの意見

gの意見



 ・・・学会(公明党も)への考え方も
   改めなければなくなるでしょう

   日本人も外国人に
   負けないように
   がんばりましょう




(転載開始)


外国人参政権成立を公明党は間違いなく狙っているので、スレ違いではありません。
外国人参政権に反対する人々に公明党と創価学会の本質を知っていただくためにどんどん議論していただきたいです。




誤解があったなら訂正します。
私は別に創価学会についてここで論ずるなと言っておりません。
ただ、外国人参政権にまったく関連しない発言をすべきではないと言ったのです。
創価学会の外国人参政権推進について非難するのはおおいに結構。
しかしや、のように外国人参政権とはまったく無関係な内容の発言は違いと指摘したのです。

と、まぁこんな発言をすると、018のように私が創価学会員と勘違いする輩も出てくるのでしょうね。
私個人の名誉の為に明記しますが、私は創価学会員ではない。




外国人参政権の「外国人」ってほぼ在日朝鮮人の事でしょ?

在日と創価ってどれくらい密接なの?




スレタイが良くないんじゃないかな。創価が嫌いであります、というタイトルだと、単なるアンチ創価なスレという感じがする。
 外国人参政権を党是とする「公明党=創価」が嫌いだ、なら誤解を受けづらいかなぁ。




創価=外国人参政権推進


団東京・足立新年会 区長が初の参加 2008-01-16


あいさつする近藤やよい足立区長
公明代表も激励

 民団東京・足立支部(李壽源支団長)の新年会が13日、同支部会館で開かれ、李時香団長ら東京本部役員や都議・区議ら多数の来賓を含む160人が参加した。

 公明党代表・太田昭宏衆院議員は祝辞で地方参政権に触れ、「地方自治の充実、人権確立の観点からも、果敢に推進する」と党を代表して強調した。また、今回が初参加となった近藤やよい区長は、自身がハングル検定を受ける準備をしていること、ヨン様ファンであることなどを明かしながら、参政権問題に理解を示し、獲得運動にエールをおくった。
都の区議会で地方参政権付与決議を採択していないのは足立と大田のみ。




↑これってもしかしたら都内23区のうち足立区と大田区以外は
外国人地方参政権付与決議を採択しているということですか〜〜(?_?)

うそ〜〜〜〜〜でしょ(・。・;


自分が\(◎o◎)/!




創価学会って、日本に存在する、宗教テロリスト団体と思う〜!我が国の日本国憲法には『政教分離の原則』って項目があるにも関わらず、その憲法すら守ろうともせずに、政治の関与してくる、憲法も守れないのに政治家とは何事ぞ〜! それに、この宗教テロリストは、ムスリム諸国にまで寺(サティアン?)を作って、その事で日本が批判を浴びてるし、海外の学会の連中の海外での言い分は、『創価学会の海外での布教活動は日本政府の政策です〜』って広めてやがる〜!俺は実際に、以前にマレーシアで暮らしてたけど、マレーシアって国はムスリム国家で、国の宗教はイスラム教です、その国にこの日本のテロは寺を作って、『信者にならないと日本政府は対外援助しないぞ〜』っていい広めてるのですわ〜!他にも、インドネシア、トルコ、などにも布教活動していってて、サウジアラビアまで作ろうとしたけど、潰されたらしい〜!その内、イスラム教の、本物のテロリストに爆破されると思うわ〜!




仮に創価が政権を取ったら、思想統制を行い、大躍進運動や文化大革命の頃の中国のように数百万単位で国民を殺す国になるのは確実です。
国家に巣食う寄生虫・創価学会に効く虫下しは「情報」。新聞やTVのように広告費で牛耳ることが出来ないネットを規制しようと躍起になっているようですが、そうはいかんざき(笑)

こんな私ですから、もちろん外国人参政権大反対。
チョン権よりも真正の日本人の人権を守れ!




行き過ぎな創価批判がある感は否めませんが、自分(自分の所属する組織)の考え方、思想、行動は総て正しいと思い込み活動している人(組織)は危険ですね。

先日のグリンピースジャパンの幹部や代表も法を侵したという自覚がないし、、、

政策や理念お構い無しで公明党支持の創価は、嫌いというより排除が必要だと思います。

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101712285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。