2008年08月28日

ミャンマ−軍政は東南アジア最大の政治汚点(転載)

 22,23日、ミャンマ−問題を担当している国連のガンバリ特使がミャンマ−を訪問、軟禁中のアウンサン・ス−チ−との会談を求めたが、ス−チ−はこれに応じな­かった。
 ス−チ−は、国連の対軍事政権外交を信用していないのだ。
 5月に訪問した国連事務総長も、軍事政権側との会談では、サイクロン被害者救援を受け入れるよう説得しただけで、国民民主同盟を排除した新憲法の国民投票問題に­は触れなかったことが、国連不信の最大の理由だと思われる。
 1990年の総選挙で大勝したにも拘わらず、これを無視して政権の座に居座ったまま、軍事政権容認、民主化を求める政党排除の内容を持つ憲法を、不正な国民投票­で成立させた軍事政権に対して、きちんと対応できないような国連外交に、ス−チンが失望するのは当然であろう。
 米国は、新たに、軍事政権を非難する決議案を国連に提出するというが、これには軍事政権に肩を持つ、中国、ロシアが反対する構えだ。
 ミャンマ−のガス田資源しか見えない人権無視の中国のやりそうなことである。
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105558877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。