2008年08月28日

パキスタンの空白で心配通り、テロが活発化(転載)

 ムシャラフ大統領の辞任による空白と、タリバンに甘い現政権に付け込むように、テロが活発化し始めている。
 アフガンでは、駐留フランス軍の基地をタリバンが、18−19日の2日間に亙って襲撃し、フランス兵10人が死亡、21人が負傷した、と伝えられいている。
 更に、同19日にはアルジェリアの警察学校の玄関で自動車爆弾事件が発生し、入試待機の学生を中心41人が死亡しした、という。
 この事件については、犯行声明は出ていないが、昨年来、アルジェリア北部を中心にテロ事件を頻発させているアルカイダ系の反抗とみられている。
 この二つの事件は、イスラム系テロがパキスタンの政治空白に乗じた、テロ活発化宣言だとも受け取られるのだ。
 ブッシュ政権は、レイムダック化しているとは言え、任期切れまでに、まだ3ヶ月を残しているのだから、テロの猩けつを招いた責任からも、テロ対応の効果的対策の­道筋くらいはつける責任は果たすべきである。
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105637000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。