2008年09月28日

売国政治家ニュース報告会(転載)

日本には危険な売国政治家が多数存在します。

そんな政治家達のニュースや、危険な情報を報告し合い、
検討をするコーナーです。




まず、本日のニュースから。


毎日新聞 2008年9月21日 〔神戸版〕

中日友好の集い:歴史知り合うことが大切 野中さんが講演−−神戸 /兵庫


 神戸中華総商会は20日、神戸市中央区で「9・18中日友好の集い」を開き、元自民党幹事長の野中広務さん(82)が講演。98年、政府高官・自民党幹部として初めて訪れた中国南京市の南京大虐殺記念館の様子を紹介し、「1人でも多くの日本人が訪れ、お互いの歴史を率直に知り、友好を深めることが大切」と語った。

 1925年、京都府園部町(現南丹市)に生まれた野中さんは「自宅近くの山の斜面に兵器工場が疎開してきた。中国や朝鮮半島から連行されてきた人たちが働いていた」と明かした。将来は友好を深め、日本は「中国、韓国、北朝鮮、そしてロシアとともにEU(欧州連合)のような国づくりを描かなければならない」と述べた。【浜本年弘】


http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20080921ddlk28040216000c.html


独裁国や、言論の自由もない国とどうやって連合するんでしょうか?
あれ?ASEANはどこへ?
野中さんのあまりの売国ぶりには、笑いをこらえることができません。
このような人が政治家(しかもえらい)である日本は、摩訶不思議です。




野中さん。。。う〜ん。。。  (||・∀・)且~~~~~

この人、死ぬほど微妙な人なんですよね。。。
言ってる事はそれなりに理解できるんだけどね。。。

この人って、部落や在日がバックなんだけど、基本共産党っぽいんだよね。
これは京都という土地柄でしょう。
で、だからこそ、自民党で京都で戦えたとも言えるし、勝ち残ってきたとも言えると思います。

で、こういう人がいても良い事は良いんだけど、やっぱり攻撃されちゃうよね。
敵を作るタイプだから。
この人って、本当に「保守左派」を地でいってますよね。
ここまで強烈な、保守左派も珍しい。

『日の丸を愛して、在日韓国人も愛す』

野中さんを表すなら、こんな感じでしょうか?

ただ、私、この人と考え方は違いますけど、けっこう評価は出来るんですよね。
超・叩き上げだもん。
だから、この人に真っ向から逆らえる、自民党の世襲政治家が居なかったよね。
己の身上がある、昔タイプの良き政治家だったと思いますよ。

在日は保護してたけど、北朝鮮が嫌いだった。
北朝鮮が嫌いだったけど、食料は出した。
そこに、この人の矛盾があるんだよね。
そして結局は、この矛盾を国民に理解されなかった。

小泉純一郎と、ある意味一番対立した人だし、真逆なんだけど、どこか似た雰囲気もあると思います。
どちらも「ガンコな実力者」という意味で(笑)

まあ、もう引退しちゃったけどw
といいつつ、まだ力があるみたいだけどw

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107274894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。