2008年09月29日

- 日本を救う最後の決戦 - (若者必読!)・gの意見

gの意見



 ・・・これは日本国民が望む還元ではなく、

   リーダーとして、
   世界を救うという意見ですね


   別の方も同じ事、
   おっしゃってましたね
   
   当ブログに以前、転載させて
   いただいております



(転載開始)



日記で熱く語ったので、賛否両論コメントください。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=942013644&owner_id=5367865


- 日本を救う最後の決戦 - (若者必読!)

昨日、自民党麻生総理大臣が誕生した。
自民麻生vs民主小沢の対決がこれから始まる

俺は、大学2年のころから
「日本を救うには、そして日本を良くするには、一度自民党を辞めさせて大変革を起こさなければいけない。そのために政権交代を実現すべき」
と周りの友人に常に言い続けていた。

日本は無党派が40%近くもあり、政治に無関心だ
たかが1票、されど1票だが。
「自分が投票しても変らない。」「政権交代なんぞありえない。」
といわれていたものが、今本当に政権交代が実現しつつある。
俺は、投票の1票は「グチや文句を言える権利」だと思っている。
投票に行かないものは、政治家が何をしようと(公金横領しようと殺人しようと)全く文句を言えないということだ。
自ら行動もおこせず、文句を言うヤツは言語道断だ。

なぜ、今の自民党がダメか。政権交代が必要か。民主党で大丈夫か。
などの説明はあげればきりがないので(一日中しゃべっても時間が足りないので)ここでは割愛する。
しかし、ひとつ言うと、今世界の構図が大きく変ろうとしている。アメリカが崩壊に向かうとき、日本も同時に崩壊するのか。それとも日本が世界のリーダーとなり中心的役割を担うのか。重要な分岐点だということだ。(理由は割愛)
仮に、民主党が政権を握れば(やらせて見なければ分からない部分もあるが)「明治維新」ならず「平成維新」と、のちに呼ばれる大変革があるかもしれない。
現在進行中の失われた18年を取り戻すラストチャンスだ。

無駄な税金を使うな。安易な増税をするな。
そういう人に限って、われわれの世界最大の個人資産が無駄に捨てられていることに気づいていない。本当の無駄は何か分かっていない。
マスコミがいえない本当の世界というのを理解していない。
文句を言うなら行動しろ!ということだ。

特に20代、30代の若者は、今後の世の中と自分と社会の将来についてしっかり考え、政権選択のための行動を起こさなければならない。
この選挙の最大焦点は、年金や高齢介護の問題じゃなく、少子化の問題であるべきでしょ。本来は。

『日本を救うための最後にして最大の決戦』が、いま始まろうとしている。。。
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。