2008年10月31日

*長崎市の犬猫の実状*3・gの補足

gの補足



 ・・・画像は一番下のリンク先からどうぞ




   今夜のNEWS ZERO




    ・・・10/23




(転載開始)




さんへ

有難うございますm(__)m1つの命を救って下さった事、感謝します!
センターに飼ってた犬を持ち込まれる方についてですが皆さん口を揃えて言うのが『どうしようもない』なんですよね。センターは処分を担当する施設です。どうしようもないならセンターに連れてくる前に飼い主の最後の責任として里親探しをしてほしい所です。
ペットブームと言われる裏で、見かけた犬猫を飼う人は『可愛い〜!』と深く考えないで飼う人がほとんどなんでしょうか。今や飼い犬、猫の平均寿命は10年超えてます。衝動的に飼う前に『終世飼育』が本当に可能なのかしっかり考えてもらいたいという気持ちです。また『終世飼育』を可能にする為に家族の同意があれば万が一の時も安心です。ペットは家族の一員になるのですから家族の同意も必要ではと私は考えます。


gさんへ

こげんたちゃん事件の事までリンクして頂き有難うございますm(__)m深く感謝します。





閲覧頂いてる皆様、有難うございますm(__)m

10月23日付け長崎市動物管理センター収容犬情報です。


■10月22日に立山交番からの犬です。
■小型犬。
■備考→収容されたばかりなので怯えて隅っこで小さくなっていました。なのでこんな写真しかとれずに申し訳ありません。この犬についてはおそらく飼い主だろうと言う方からセンターに連絡があったそうなので無事に飼い主さんの元へ帰れそうでよかったです。





次のわんちゃんです。

この犬は飼い主さんに捨て置かれていかれた犬です。センターの方からのお話だと『土曜日か日曜日にセンターに来たはいいけど閉まってたから駐車場においてあった檻に勝手に入れていったんだろう』との事でした…。
聞いた時、正直開いた口が塞がらなかったです。
同時にセンターの方も閉まってる時に檻を外に出してる事も問題だと思いました。詳細です↓↓


■首輪なのかリードなのか分かりませんが首にチェーンが付いていました。

■性別→♂

■犬齢→センターの方の話によると少し足元がふらついているので10歳は越えているんじゃないかと言う事でした。そんなに長い時間を共に過ごしたのに…犬にしたらあんまりな仕打ちに思います。私が見た時はふらついてる様には見えなかったです。トテトテ歩いてました。

■大きさ→中型〜大型ぐらいです。

■柴犬系雑種だと思います。

■備考→とても人慣れしていて大人しい子でした。人がくると静かにトテトテ近づいて檻ごしに見つめてくれます。写真2の様に脱毛らしいのが見られますが皮膚病と言うより生え代わりしてる様に見えました。



気になる方は直接動物管理センターに電話をするか私にメッセージを下さい。





このわんちゃん達は先日お知らせした黒柴系雑種の兄弟です。

皮膚病が出たので今、センターの獣医さんの所で経過を見ているらしいです。


気になる方は直接動物管理センターに電話頂くか私にメッセージを下さい。





■注意■

持ち込みの猫ちゃんの情報です。後ろ足の片方がありません。
見れない方はここから先は見ない様にお願いしますm(__)m現実を見つめようと思う方はどうぞお進み下さい。






■生後半年経つかどうかぐらいの仔猫です。
■何かの罠に足をとられたか。もしくは虐待の可能性もあります。
交通事故では片足だけこんな状態にはならないですし猫同志のケンカでもこんな状態にはならないだろうと思います。他の部位には何の損傷もなかったので。 ■やはりとても怯えて威嚇していました。センターの方に外に出てもらい少し時間をかけて接するとゴロゴロと甘え声を出してくれました。それから威嚇も暴れもしなく抱っこもさせてくれました。 おりこうさんです。お顔もとても可愛かったです。
■画像ですが現実を知るつもりがある人だけ閲覧お願いします。
ただどんな形であれ人間が関わっているケガなので向き合って頂けると幸いと思います。


以上で日付けの長崎市動物管理センターの収容犬、収容猫情報でした。





毎回申し訳ありません(>_<)

また書き忘れです。

収容犬達ですがどの子もまだ告示は開始されていません。

また、今日私が訪ねた時にセンターの方から『ここ一週間ぐらい収容される子がすごく減りました!』と聞きました。
長崎市にお住まいのボランティアの方々、またひょっとしたらここで口コミをして下さったお一人お一人の力が働いているのかもしれません。ご協力頂いている方々、閲覧して下さっている方々、本当に本当に有難うございますm(__)m





*お知らせ*

今夜のNEWS ZEROよければ見てください。
職員さんの仕事や飼い主さん達の現状、現在のペットブームに潜む闇が見れると思います。







昨日のNEWS ZERO見て下さった方へ。


長崎市のセンターは残念ながらあんなに進んでいません。長崎市の動物管理センターを見学をしたいと思ったけど一人では行きにくいと言う方は同行致します。お気軽にメッセージ下さいね。

根本から絶ち切らなければどうしようもない事が分かってもらえたと思います。
ペット先進国にはペットショップと言う店は存在していません。犬猫を飼うにはブリーダーから買うかセンターから貰うかでないと飼えないんです。
ペット後退国の日本には殺処分される犬猫が絶えないのにどんどんペットショップが増えていく現実です。またそのペットショップで売れ残った子達はどこに連れていかれるのか考えた事がある人はどれだけいるでしょうか。

『ペット使い捨て飼い主』の言葉通りの飼い主が長崎ではないですが実際に存在します。
あるセンターの話です。泣きながら『仕方がないんです』と職員に雑種犬を押し付けて走り去っていた飼い主。その数日後に街中で今、流行りのブランド犬を嬉しそうに抱えて歩く飼い主を職員は見ました。
あの雑種の犬はこの飼い主にとって一体何だったんだろう。職員の方は憎しみを覚えたそうです。

こんな事が長崎市で起きていない事を願います。こんな鬼の様な飼い主がいなくなる事を強く望みます。

皆さんが少しでも現実を知る機会をこれからも発信していきたいと思います。





閲覧して下さっている皆様、有難うございますm(__)m
1029日付けの長崎市動物管理センター収容犬情報です。


■まずは今日訪ねたら悲しい事に引き取り犬(飼い主が持ち込んだ犬)がいました。
■柴犬
■♂
■2歳とまだまだ若いです。
■備考→噛み癖、吠え癖があるようです。私も実際目の前に座ったら唸られて吠えられてしまいました。
この犬の元飼い主さんは出来る限りの事をしたんだろうか…。
人間も犬も産まれた時はまっさらなはずなのに。吠えるから噛むから手におえないなんて犬のせいにしてないだろうか…。
この持ち込んだ飼い主さんには先日話した『ペット使い捨て飼い主』にならない様に願います。本当にもう飼わないで欲しい。


この子を再教育出来る自信があり里親様になって頂ける方、いらっしゃらないでしょうか?
難しいのは承知しておりますが悔しいです。
興味をお持ちになって頂いた方は直接、長崎市動物管理センターに電話(0958442961)をして下さるか、私にメッセージをお願い致します。





次の収容犬情報です。

■10月27日松崎にて捕獲。

■3匹兄弟です。推定2ヶ月の仔犬。

■茶色の垂れ耳ちゃんで柴犬っぽい雑種かな?と言う印象でした。

■♂2匹、♀一匹です。
■とってもフレンドリーで尻尾ぶんぶん、手をペロペロしてくれてとっても可愛かったです。

■犬を飼おうと思ってる方、または周りにそういう方がいらっしゃったらペットショップの前にこの仔犬達の事も考えてみて頂ければ幸いです。
気になる方は直接、長崎市動物管理センターにお電話して頂くか私にメッセージを下さい。





次の収容犬情報です。


■また生後2、3ヶ月の仔犬です。

■どちらも垂れ耳、♂です。

■黒柴系雑種かなぁと言う印象です。

■どちらも人懐こくて尻尾をぶんぶん、手をペロペロしてくれました。とっても可愛かったです。

■この子達は告示が開始されました。
一番最初に紹介した持ち込みをされた子と同様、次の月曜日の朝一までの命です。周りに犬を飼いたいと言う方がいらっしゃったらこういった子達がいる事を教えてあげて下さい。宜しくお願いいたしますm(__)m





長崎市動物管理センター収容犬情報ラストです。


■10月15日付けで紹介させて頂いていた黒柴系雑種の仔犬二匹です。
皮膚病が出たとの事でセンターの獣医さんの元で治療していたのですがよくなったのでセンターの隔離室に戻っていました。

本当にフレンドリーで可愛い子達だったので里親様が見つかってもらいたいです(>_<)







http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35646243&comment_count=56&comm_id=175114

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。