2008年01月22日

民進党歴史的惨敗! 国民党大躍進 台湾議会(転載)

台湾議会、民進党大惨敗です。僕は大ショックです。
日本の郵政解散で民主党大惨敗したとき以上にショックです。

僕は国民党は絶対信用しきれないと思います。
いくらなんでも国民党絶対安定多数は危険すぎです。

台湾人で、今回投票しなかった人たちは今すごい後悔していることでしょう。
しかしもう選挙は終わってしまい、4年間は国民党のなすがままに台湾の国政はうごきます。なにせ総統すら罷免出来るのですから。
謝さん、3月の総統選で勝ったとしても果たしてどれほどのことが出来るんでしょう?

みなさんどうお考えですか?


在台日本人です。今回の立法院選挙は、勝てないとは予想していましたがここまでまけるとは思っていませんでした。
 選挙の敗因は陳総統の家族にあった、金銭トラブルや、少数野党ゆえ、国会空点の連続による、国民の嫌気。それに、経済問題への対処が出来ないまま、「愛台湾」だけで突き進んできた選挙体制の失敗があげられます。
 今回は58パーセントの投票率でしたが、総統選挙は海外で仕事をしている台湾人も帰ってくるので、投票率はもっと上がるでしょう。それに、陳総統に対し、批判的な台湾人も謝長廷は別だと思っているようなので、若干の揺り返しはあると思われます。国民党に勝たせすぎたという心理が働いてくれればなおさらです。
 ただ、現在の勢いから行って、国民党の勝ちは揺るぎません。色んな考えが有りますが、総統選挙終了後、馬英九に批判的な国民党の議員が新党を立ちあげて、民進党と連立することがベターです。
 あと、我々、日本人が出来る事は、馬英九を絶対に支持しないと言う態度をとる事でしょう。
 3月の総統選挙にむけ、在台日本人も団結するべきです。
 台湾、加油!


支那の手先、 

台湾の売國奴、 

馬英九 

日本人は騙されない


僕も本当にショックです

みんなで団結しましょう


馬英九も話を聞いてると、台湾のために動いてくれるのかな〜
とも思いますが、いざ総統になるとどうなるか心配ですね…

なんか信用できない。

せっかくいい方向に台湾が向かおうとしているときにこれはショックすぎる。


国民党政権によって、台湾が反日にならぬよう願います。


私も含め、在台湾の日本人で「頑張れ台湾!日本隊」を組織して、総統選挙に殴りこみませんか?


いいですねえ 台湾殴り込み 
ただ自分は日本なのでちょっといけないなあ

まあ台湾人の意思で決まった選挙結果なので、致し方ないとは思うんですがね。
しかしいかんせん勝ち過ぎが政党の暴走を招くことはいつかの自民党然り、統一ロシア然り。古くはナチス党然りですからねえ。そういうことわかってる台湾人がどれだけいるか。 

あとやはり小選挙区制の怖さを台湾の人たちは知らなかったんだと思いますよね。こんなにどっちか一方に極端に振り子が揺れるなんて絶対思っていなかったはず。台湾の友人とまだ連絡とってないけど、あっちの民意は相当動揺しているのではないでしょうか?
日本の郵政選挙でも、選挙後のどの新聞社のアンケート見ても、自民党に票を入れて勝たせ過ぎたことを後悔してる、って民意が出ていましたからね。
台湾もきっと同じ状況でしょう。

なので、ぼくの予想ではやはり総統選挙は謝さんが僅差で勝つ気がします。
民進党で一匹狼の謝さんなら、党内の独立派に耳を貸さずに、国民党と上手く融和しつつ経済政策を進めていける、台湾人はこう考えるのではないでしょうか。

台湾の緑色年軽人、総統選では奮起してくれーーーー!!!


どうも、台湾の無色年軽人です。
政治の話は詳しくわかりませんが、
謝は独立の色が薄く、和解共生、中国開放策とか言っている人ですよね?
あの台湾独立のスローガンを掲げ、台湾人の代弁者として国民党と対抗していた民進党はどこに行ったんでしょうか。
それなら謝と馬、どっちを選んだっていっしょじゃないか?
それなら馬が総統になったほうがすっきりですわ。また陳政権時代のように、国会と総統の対立を見たくないですもの。
しかし馬はどう見ても中国の手先ですね。本当に馬が総統になれば、4年内で降参?考えられない考えたくもないです。
次の選挙は、国民党と民進党以外の人にします。
第三党も適切な人選がなければ家で寝ます。台湾の政治にはもう疲れました
あ、でも公投票はもらおう。

個人的な意見に過ぎないので失敬しました。


なるほどなるほど。
そういう考えの方ももちろんいますよね。 
中間の方の意見も聞けて、大変興味深かったです。


文章を読んでいたら、5・6年前のイスラエルを思い出しました。
あの当時のイスラエルは、超鷹派・保守のリクード党と、鳩派革新政党の労働党ですごいもめてたんですよね。
その時の総選挙でのインタビューで、一般市民が、
「リクードのシャロンに票を入れるなんてゾッとするが、労働党のバラクの中途半端さにもうんざり。自分は白票を入れる」
と言ってたんですね。
イスラエル程政治に感心が高い国でさえ、その時の投票率はものすごく低かった

台湾も今回低かったですもんね。投票率。

なんだかちょっと同じ状況の様に感じました。

やっぱり台湾もずっと捻じれ状態ですからね。国会と政府が。 
日本もそうだけど、そうやって政策が停滞しちゃうと国民は閉塞感感じるんだよなあ。  結局どっちに入れても変わらないって。

台湾どうなっちゃうんだろう・・・


自分も政治に詳しくはないのですが、とにかく今台湾の指導者として必要なのはむやみに『独立』色をだすのではなく、李登輝氏のように『実務的能力』のある人だと思います。

まあ中国が中国である限りあからさまに独立を主張などできませんが・・・
うまく中国との距離を保ちつつ、経済関係も発展させる、更に諸外国との連携も深めていける、そんな巧みな外交能力を持った方が台湾には必要だと思います。
って当たり前か↓

『国民党は嫌だ、だからといって民進党ならいいというわけでは・・・』といった人が多いんでしょうか?
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79996539
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。