2008年02月27日

【読者の声】中国国民党が与党になったら [佐藤 千枝]

歴史を繰り返さないだろうか。

 チェコは1945〜48年まで議会制民主主義の下で民主諸党派・社会民主党・共産党の国
民戦線政府によって統治されていた。

 チェコ共産党は、軍・警察・マスコミの中枢部に秘密細胞を作り、連立内閣の組閣の
とき大部分の閣僚の椅子を他党に与えて安心させ、共産党は内務大臣の椅子だけ獲得し
た。そして、司法と警察の実権を握り、判・検事、警察の幹部を次々と共産党員に入れ
替え、民主諸党派・社会主義党の反対派の閣僚に対して汚職事件をでっち上げて逮捕し、
後任には容共系や共産党員を閣僚にあてた。

 また、共産党による反共産派閣僚への暗殺計画が発覚すると、共産党員で固められた
司法・検察当局は権力を濫用して事件をもみ消し、自由主義的な警視総監の罷免を請求
した。

 47〜48年にかけて、共産党の強引なやり方に対して疑惑と不信が高まり、国民の支持
を急速に失い、同年春の総選挙では議席を大幅に失うことが予想された。

 しかし、その時には国家機関・マスコミ・産業組織の中枢は共産党が掌握しており、
ついに武装突撃隊によるクーデターによってチェコ共産党の独裁政権が誕生した。

 野党になってから、228事件を外省人の都合よく書き換えた映画を学校に配布し、
烏來の高砂義勇隊の慰霊碑を撤去しようとし、台湾の歴史を否定する国民党が与党にな
ったら台湾のために働くだろうか?

 「政権は銃口から生まれる」いう中国の伝統から生まれた中国国民党が2012年の総統
選挙で敗れた場合、法律に従って政権を交代するだろうか?

 2000年の選挙で政権交代ができたのは、当時の国民党党首が法の尊守の概念を持って
いる李登輝氏だったからではないだろうか。

 2004年の総統選挙後の無法な行動を見る限り疑問だ。

 総統選挙は台湾人が決めること。外国人にとやかく言われる筋合いは無いと思うこと
だろう。だが、台湾が好きだが言葉が解らないため、ストレートに情報が入ってこない
外国人は心配なのだ。

 国民党が与党になっても、台湾が民主主義の法治国家として存在できる根拠があった
ら教えて欲しい。

【編集部コメント】
 台湾で2000年の政権交代がスムーズにいったのは、やはり民主化を進めた李登輝氏が
総統だったことが最大の要因だったかと思います。故に「無血革命」といわれますが、
2004年に陳水扁氏が僅差で勝ち、あるいは高雄市長選挙で陳菊氏が僅差で勝つと、敗れ
た国民党側は「不正投票だ」と騒いで裁判沙汰を起こしてゴネたのは周知の事実。しか
し、結果はいずれも白。
 もし今度の総統選挙で中国国民党の馬英九候補が勝った場合、もっとも心配なのが中
国との関係です。元首も政権も中国国民党となれば、台湾はよりいっそう中国化が進み、
台湾史も中国国民党に都合よく塗り替えられる可能性は非常に高くなると、台湾や日本
の識者は見ています。チェコ共産党の独裁政権や蒋介石・経国による独裁政権まではい
かないにしても、民主化が後退することは避けられないのではないでしょうか。
 ましてや馬英九候補は、最近も「尖閣諸島は台湾の領土」と繰り返し表明しています
ので、日本と台湾の間で領土問題をめぐって軋轢が起こるのは必至と予想されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガ日台共栄:第710号】

本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87307209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。