2008年05月03日

政府インターネットテレビ・対馬へのコメント

(転載開始)



関西では先日 対馬の状況を放送していました。

長崎出身の友人がいるので 細かく聞いてみました。
矢張り高齢化の島で 都会にいる子供の傍に行くために家を手放す人などいるようです。その時、日本人だと、相場通りで買う
=引越し料金 旅費で終わる  
永住外国人が買う場合はかなり高額で即金がある
=ちょっと余りが出るので地方都市だと、小さなマンションの頭金なども工面できる
場合もあるそうです。
結局、永住外国人に土地を売ってしまう事になるそうです。

本当に売国・・・・




その状態で外国人に地方参政権など与えたら、対馬は実質的に韓国領土になってしまいますね(^^;;
島では日本語よりもハングルの方が使われたりして・・・悲惨だ。


仕事で対馬によく行きますが
地元のホテル、民宿、商店街の方々は
韓国からの旅行客には大変迷惑されてますよ!
傍若無人の振る舞い、落書き、外来植物の持ち込み....

タクシー運転手は「現市長はホントに日本人かいな?」と
訝しげに語ってました。

砂浜がほとんどない対馬ですが
海岸には韓国・中国からのプラスチックごみが溢れかえってます。
韓国側の密漁も酷く
漁師の方々は「漁をするにも命がけ」と言われてました。
http://jp.youtube.com/watch?v=t6oPJDW3ECs&eurl=http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30435881&comment_count=14&comm_id=69430




対馬市の有権者は約3千人、投票に行く人は約2千人。永住外国人に参政権が認められたら議会も役所もあっという間に占拠されますね。




外国人参政権って被選挙権も認められるんですかね?




基本的には被選挙権は無いはずです。とはいえ半島出身の厚顔無恥な住人のことですから、一度権利を強奪すれば、果てしなく強要し続けるでしょう。

対馬にて自衛隊隣接地が韓国資本に売却されたという報道をした某週刊誌では、自衛隊も基地拡張のためにその土地を購入しようとしたが、財源不足で購入できなかったと…
防衛費削減も良いですが、必要な所には確実に経費を使う国の姿勢が求められます。
現状の日本人の多くは近隣諸国が友好国だと勘違いしています。韓国は長射程の対地巡航ミサイル配備、不法占領の島の名を冠した強襲揚陸艦配備、無人偵察機を日本国内まで飛ばして情報収集を行う計画、対日戦を意図した基地の強化を行っています。北朝鮮や中国は言うまでもなく。
そこで防衛の要の土地を敵に売るとは…




もう、政府とか防衛省で買い取って大規模な防御拠点でも築けばいいのでは?




勉強させていただきました。

 年間4万人とは。危険ですね。治安も悪くなるでしょうし、不気味でしょう。入島制限すべきです。




民主党のように 帰化系日本人議員が増えてしまう懸念が大きいですね。
便宜上 帰化し日本人と名乗って居ますが、
「同胞のために頑張ります」
と宣言して居られます。日本の国益のためではなく母国のために働くようです。




「外国人に参政権付与に反対」に大賛成。
韓国は認めているという言説があるが、その条件は非常に厳しく、
事実上ほとんど出さない仕掛けになっているそうですね。
国際間の相互主義でいえばその真似をすればいいかもしれません。
ただ、媚中、媚韓の政治屋あたりがなし崩しに悪用してくるかもしれません。
蟻の一穴になりかねないことを考えると、こんな悪法の成立は絶対反対しなければなりません。
練馬 ごまめの目




内政で税率だの道路予算のぶんどり合いだの、国民の健康を考える事も大事なんだが、
「国が滅びたら、内政も糞も無い」そう考えれば、隣の国にあからさまな情報・宣伝戦を仕掛けられ、負け続けれている状況に於いて、国内の利益配分に汲々とし、敵性国家の人間に選挙権を与えるだの言ってる現状ってなんなんだ!!と。

先のトーチリレーを見ても、主権侵害が起こっていても、隣の「偽物国家」に慮って工作員を逮捕する事すらしない。

この期に及んでも強く出れないのは「やっぱ核もってねぇから?」と思ってまう。
本気で核持つつもりで議論始めるべき。
そのくらいしないとこの国は危機感を持てないんじゃないか?




韓国の外国人参政権のからくりについては下記ご覧ください

http://www.melma.com/backnumber_108241_4078112/

posted by 創価学会公明党解散せよ!!!脱税の殺人のキチガイのオウム真理教の調子乗りのシツコイだけのストーカーの無理強いのカスの左翼の売国奴のカルト宗教のハイエナの... at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の憲法がある限り絶対に外国人への参政権付与は認められません。
なぜなら、憲法には、

第15条「公務員を選定し、および、これを罷免することは、国民固有の権利である」

第93条2 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の「住民」が、直接これを選挙する。
(第93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。)

と謳われているからです。

憲法を改正しない限り絶対に無理。

外国人に参政権を与えたい連中は、まずは憲法改正を実現させるべきです。
Posted by deliciousicecoffee at 2008年07月18日 03:01
deliciousicecoffeeさん  

どんな形で  
動き出すでしょうか・・・
Posted by g at 2008年07月18日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。